ジオフォームの市場規模、2026年に10億3,700万米ドル到達予測

ジオフォームの市場規模は、2021年の7億5,500万米ドルからCAGR6.5%で成長し、2026年には10億3,700万米ドルに達すると予測されています。ジオフォームは優れた耐荷重性を持ち、建設プロジェクトの全体的なコストと時間の最適化に役立ちます。

COVID-19のジオフォーム市場への影響

COVID-19パンデミックは、ジオフォーム市場のバリューチェーンに影響を与え、2020年を中心に悪影響を及ぼしました。また、旅行・観光業、製造業、建設業、航空業などの産業分野だけでなく、様々な金融分野にも経済的影響を与え、道路建設・舗装、空港建設など、ジオフォームの最終使用分野にも影響が及びました。建設業は、コロナウイルスの蔓延を防ぐために、ほとんどの国で厳しいロックダウンや外出禁止令が出されたため、多大な影響を受けたセクターの一つです。また、世界各地の空港では、国内線だけでなく国際線の運航も禁止されました。

牽引要因:従来の土地安定化材に比べて低コスト

ジオフォームは、従来の盛土材の代替品として好まれており、優れた物理的特性を提供し、エンジニアがコストや時間の超過なくプロジェクトを遂行するのに役立ちます。また、簡単なハンドツールを使って手作業で設置することができるため、建設に必要な労働力が制限され、投資および運営コストを削減することができます。このように、ジオフォームは従来の土地安定化材に代わるものとして注目されています。

抑制要因:可燃性と石油系溶剤への脆弱性

ジオフォームは、建設プロジェクトのコストと時間の削減を可能にします。反面、可燃性と化学変化への脆弱性が、ジオフォームの普及を妨げる主な要因となっています。未処理のジオフォームは、放置すると発火する恐れがあり、溶接や切断などの直火作業を行う場合は、適切な予防措置を講じる必要があります。また、化学変化の影響を受けやすく、石油系の溶剤に触れるとジオフォームの特性が変化し接着剤のような物質が形成され、重い荷重を支える力が弱まります。また、紫外線や浮力、虫の侵入などの影響も受けやすく、長期間放置すると劣化し、最終的には構造物の崩壊につながることもあります。

市場機会:インフラ整備の進展とジオフォームの技術開発

新興国での大規模なインフラ開発と、先進国での既存インフラの維持が、ジオフォームの市場を牽引しています。発泡スチロールは、従来の土留めと比較して、迅速な施工、プレハブの橋梁や橋梁支持部材の使用など、いくつかの利点があります。このようなイノベーションは、ジオフォーム市場の成長機会として役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]