アブレーション技術の市場規模、2026年に81億米ドルに到達予測

アブレーション技術の市場規模は、2021年の52億米ドルからCAGR9.3%で成長し、2026年には81億米ドルに達すると予測されています。当技術は、高齢者人口の増加により対象疾患の発生率が高まり、効果的な治療法として需要が高まっています。一方、先進国では機器の再使用や再処理が行われており、規制面での課題もあり、同市場の成長を抑制する要因となっています。製品のリコールや、アブレーション製品の有効性に関する治療上の懸念は、同市場における業界のプレーヤーが直面する課題と言えます。

COVID-19のアブレーション技術市場への影響

COVID-19パンデミックは、アブレーション技術市場を含む様々な産業に影響を与えました。中国、米国、ロシア、イタリア、スペインなどCOVID-19の発生率が高い国では、多くの分野の成長に多大な影響を与えています。石油、航空、鉱業などの業界では収益が大幅に減少している一方で、ヘルスケア、バイオテクノロジー、製薬業界では、この状況を最適化してサービスを提供しています。

アブレーション技術市場は、ビジネスの損失は2020年12月下旬まで続きました。規制やガイドラインの好ましくない変化が、業界の成長を妨げています。CDC、WHO、MHRA、TGA、EMAなど、世界の主要規制当局は、がん患者が健康な成人よりもCOVID-19感染のリスクが高いことを確認しています。そのため、病院やがん治療センターでは、スクリーニング、診断検査、外科手術などが厳しく制限および延期されています。このことは、アブレーション技術市場に混乱をもたらすと予想されます。

推進要因:低侵襲/非侵襲手術の需要増加

近年、低侵襲手術の需要が大幅に増加しています。これは、従来の治療法と比較して、手術による合併症が少ない、入院期間が短い、痛みが少ない、切開部分が小さく美容効果が高い、感染症のリスクが低い、術後のケアが少ない、回復が早いなどのメリットがあるためです。低侵襲手術は、癌を含む様々な病気の診断と治療に先進技術を利用しています。これらの手術は、がんの腫瘍やリンパ節を傷跡を残さずに取り除くために使用されます。また、生検や正確な病期判定のために組織を採取する際にも役立ち、外科医は適切で正確ながん治療計画を立てることができます。

また、低侵襲技術の採用は、大幅なコスト削減にもつながります。2015年3月25日にJAMA(Journal of the American Medical Association)に掲載されたニュース記事によると、ジョンホプキンスメディスンの研究者が行った調査では、米国の病院が従来の手術の代わりにMIS (最小侵襲手術)手術を行うことで、年間2億8,000万米ドルから3億4,000万米ドルのコスト削減が可能であることが示されました。アブレーションは、腫瘍、心房細動、子宮筋腫などの治療に最も頻繁に使用され、低侵襲手術の需要が高まることで手術件数が増加し、市場の成長に貢献すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]