セルラーIoTの市場規模、2027年に154億米ドル到達予測

セルラーIoTの市場規模は、2021年の39億米ドルからCAGR25.7%で成長し、2027年には154億米ドルに達すると予測されています。市場の成長を促す主な要因としては、スマートシティインフラストラクチャーやビルディングオートメーション分野でのセルラーIoTモジュールの導入が進んでいること、農業オートメーションや環境モニタリングでセルラーIoTの需要が高まっていることなどが挙げられます。さらに、医療用ウェアラブルにおけるセルラーIoTモジュールのアプリケーションの増加、車両テレマティクスおよび車両管理におけるセルラーIoTモジュールのアプリケーションの増加が、同市場の成長機会を生むと予想されます。

COVID-19がセルラーIoT市場に与える影響

COVID-19パンデミックの発生は、セルラーIoT市場に多大な影響を与えています。パンデミックが北米やアジアの発展途上国で継続しているため、製造業や政府部門は多くの課題に直面しています。世界最大規模の米国の自動車産業は、2020年の第3四半期以降低迷しており、企業は製造活動を縮小しています。その上、自動車用のセルラーIoTモジュールやチップセットが極端に不足しているため、今後数年間は自動車産業の成長が制限されると予想されます。メキシコは、北米の自動車産業と深い関りがあり、メキシコの自動車産業も多大な損失を被っています。

欧州、特に英国、アイルランド、スコットランド、フィンランドの製造拠点では、ロックダウンや渡航制限により、労働力の確保が困難になっています。そのため、欧州のセルラーIoT市場では、2021年末までは封鎖措置が完全に解除されない限り、損失が発生することが予想されます。同様に、この地域の製造業の生産活動も大幅に縮小しており、さまざまなセルラーIoT製品やソリューションの需要も減少しています。

牽引要因:セルラーIoTモジュールのスマートシティインフラストラクチャーやビルディングオートメーション分野での導入

セルラーIoTモジュールを導入している主な業種は、スマートシティインフラとビルディングオートメーションです。2020年時点で、セルラーIoT市場の収益の約30%がこれらの垂直市場から生み出されています。NB-LTE-M、NB-IoT、5Gなどの新興のセルラーIoT技術は、バッテリー駆動のデバイスをインターネットに接続するための安価で電力効率の高い方法を提供しています。スマート街灯からスマート駐車場まで、これらの技術は、既存の2Gや3G技術よりも効率的にデバイスを接続するのに役立ちます。スマートシティにおけるセルラーIoTの主な用途としては、街路灯、交通感知・制御機器、インフラ監視機器、廃棄物管理機器、駐車場管理機器などが挙げられます。世界各国の政府は、インフラ改革に力を入れており、この目標を達成するために多くのパイロットプロジェクトが立ち上げられています。また、北米や東欧政府は、このようなプロジェクトにインセンティブを与え、官民パートナーシップ(PPP)を構築しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]