形状成形技術、等方圧プレスの市場規模、2026年に110億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「等方圧加圧の世界市場・COVID-19の影響 (~2026年):提供区分 (システム・サービス)・タイプ (HIP・CIP)・HIP容量・CIPプロセスタイプ・エンドユーザー産業 (自動車・航空宇宙&防衛・医療・製造)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を11月19日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1023451-isostatic-pressing-market-covid-impact-analysis-by.html

等方圧プレスの市場規模は、2021年の73億米ドルからCAGR8.5%で成長し、2026年には110億米ドルに達すると予測されています。3Dプリントにおける高強度かつ低気孔率の材料への需要の高まり、低コスト製品の開発と製造サイクルタイムの短縮への注目、熱間等方圧プレス(HIP)とその他の熱処理工程との組み合わせが重視されていることなどが、等方圧プレス市場の主な推進要因となっています。

COVID-19が等方圧プレス市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、自動車、医療、航空宇宙・防衛、製造、物流など様々な業界に影響を与えており、市場の主要プレーヤーは、事業を継続するために収益を維持および創出することに注力しています。等方圧プレスの製造工場でも、ロックダウンや労働力および原材料の供給不足により、操業に影響が出ています。2020年の等方圧プレス市場では、予定されていた製品の発売や関連開発の多くが延期されました。サプライチェーンの混乱により、製造業、自動車、航空宇宙・防衛、物流など、等方圧プレスを使用する多くの事業活動が中断または中止されています。

牽引要因:3Dプリンティングにおける高強度かつ低空隙率の材料の需要拡大

積層造形法(AM)とは、3Dコンピュータ支援設計(CAD)によるモデリングで得られた3Dデータから、セラミックスやプラスチックなどの材料を接合して、通常は層ごとに異なる機械部品を製造する方法です。3Dプリンティングとも呼ばれる積層造形法は、設計の柔軟性やプロセスの持続性に優れ、マスカスタマイゼーションや迅速な製品開発にも貢献します。製品の相対的な密度や空隙率は、金属射出成形(MIM)やその他の熱処理プロセスなど、さまざまな実験技術を用いて低減することができます。その上、熱間等方圧プレス(HIP)と冷間等方圧プレス(CIP)は、材料の気孔率を減少させるために非常に好ましい技術と言えます。HIPは、金属板の開発における加熱後の処理プロセスとして、また先端材料や重要な産業部品の開発における高密度化プロセスとして使用され、CIPはグリーンコンパクト部品の開発に使用されます。HIPは、積層造形法で製造された物体の表面に残った残留粉末粒子を圧縮することが可能です。従来の機械加工技術では、複雑な形状や内部に空洞がある部品を製造することはできません。そのような部品を製造するには、3Dプリントが最適な方法であり、その後にHIPを行うことで、その特性を高め、開発した部品を高密度化することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]