圧迫療法の市場規模、2026年に39億米ドル到達予測

圧迫療法の市場規模は、2021年の30億米ドルからCAGR5.2%で成長し、2026年には39億米ドルに達すると予測されています。対象となる患者層が多いことや、スポーツによる怪我や事故の発生率が上昇していることが、同市場の成長を促す要因となっています。一方、圧迫帯に対する患者のコンプライアンスが低いことや、圧迫製品に対し一般的な基準がないことが、今後、同市場の成長を抑制する要因になると考えられます。

COVID-19による圧縮療法市場への影響

COVID-19パンデミックの結果、主要な企業や市場関係者は、長期的な成長戦略から短期的な持続可能性のための戦術への転換を余儀なくされ、製造、供給、消費者とのコミュニケーションなどのビジネスオペレーションに変化が生じています。特に医療分野は、長期的に大きな影響が及ぶことが予想されます。この危機が最終的にコントロールされた後には、主要な市場参加者は重要な医療改革を余儀なくされると思われます。民間医療機関は、外来患者数、選択的手術数、外国人患者数の激減に加えて、病院の安全性と最終的な患者の治療に対する100%の備えを確保するために、人員、機器、消耗品、その他の資源を追加投資するという2倍の負担を強いられています。さらに、先進国だけでなく発展途上国の病院でも、医療従事者数の不足による影響を受けています。パンデミックは、医師がCOVID-19患者の治療に再配置されているため、整形外科分野にも影響を与えています。そのため、整形外科や外傷の手術を行う際には、病院のスタッフや手術設備を利用できないことが大きな課題となっています。

牽引要因:大規模な対象患者層の存在

圧迫療法製品は、肥満、糖尿病、リンパ浮腫、DVT、静脈瘤などの生活習慣病や血管疾患を患っている患者が対象となります。また、世界的に高齢者人口が増加していることも、市場の成長を支える大きな要因と考えられます。これらの要因により、患者間で圧迫療法をはじめとする様々な治療法の需要と導入が進んでいます。さらに、圧迫療法製品は、主な適応症や手術後のリハビリテーションのための第一選択の治療法として、ますます利用される傾向があります。

抑制要因:圧迫製品の基準の欠如

圧迫療法用衣服の圧力基準が国際的に統一されていないため、衣服の選択に関して混乱が生じる可能性があります。世界的には、ドイツのRAL、フランスのASQULなど、いくつかの規格が存在し、それぞれの規格に含まれる圧力仕様が異なります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]