高甘味度甘味料の市場規模、2026年に36億米ドル到達予測

高甘味度甘味料の市場規模は、2021年の29億米ドルからCAGR4.6%で成長し、2026年には36億米ドルに達すると予測されています。消費者の間では、より健康的な食品に対する意識が高まっており、食品および飲料用途における高甘味度甘味料の需要が高まっているほか、製薬業界における高甘味度甘味料の機能性に対する認識が高まっていることが、同市場の需要を牽引しています。北米地域は、消費者の多忙なライフスタイルに起因する慢性疾患の有病率の増加のために、市場シェアを支配すると予測されます。さらに、北米地域の消費者の間では、食品および飲料製品に含まれる砂糖を減らすことへの意識の高まりが見受けられます。

COVID-19の高甘味度甘味料市場への影響

COVID-19パンデミックの状況下で、医学界が診断と治療法の開発に注力している中、食品および飲料業界は、免疫サポートを提供する健康的な製品の製造に注力しています。2020年の高甘味度甘味料市場は、ロックダウン、国境の閉鎖、輸送の遅延などにより、サプライチェーンに支障をきたし、市場の減速が観測されました。今後、政府の施策による制限の緩和とともに、高甘味度甘味料市場は2026年までの間に、わずかに増加すると思われます。

牽引要因:食品および飲料用途における高甘味度甘味料の需要増加

高甘味度甘味料は、ごくわずかなカロリーしか含まないため、砂糖の代替品として適しています。一般的には、清涼飲料水、焼き菓子、キャンディー、機能性ドリンクミックス、プリン、ジャム、ゼリー、缶詰、乳製品、その他の食品および飲料などの加工食品に使用されます。また、甘味度、冷却効果、溶解性、分子量など、食品加工において重要ないくつかの物理的特性を持っています。さらに、粉末や液体など様々な形態があり、大量の甘味料としての使用や、香料、着色料、酵素の無糖担体としての使用など、いくつかの機能的役割を果たしています。結晶化特性、分子量、溶解度が異なるため、冷蔵・冷凍食品への応用範囲が広い点を特徴とします。

抑制要因:砂糖に比べて高甘味度甘味料を使用した食品・飲料製品の製造コストが高い

砂糖の代替品として高甘味度甘味料を使用することによる生産コストの上昇は、業界における高甘味度甘味料の利用を制限しています。高甘味度甘味料の価格は砂糖に比べてはるかに高額です。また、原材料や労働力コストの高さも、価格の上昇につながります。ベーカリー、製菓、乳製品などの食品業界では、甘味料が大量に使用されており、高甘味度甘味料は最終製品のコストを大幅に増加させる傾向があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]