ジオシンセティックスの市場規模、2026年に132億米ドル到達予測

ジオシンセティックスの市場規模は、2021年の99億米ドルからCAGR6.0%で成長し、2026年には132億米ドルに達すると予測されています。ジオシンセティックスの需要は、インフラ開発への投資の増加や、廃棄物や水の管理に対する関心が高まっていることに起因しています。市場の成長は、人口の増加と都市化、APAC(アジア太平洋)や南米での産業活動の活発化が主な要因です。技術分野の発展と、持続可能な製品に対する需要の高まりが、ジオシンセティックス市場にチャンスをもたらしています。

COVID-19がジオシンセティックス市場に与える影響

ジオシンセティックスは、廃棄物管理や、鉄道、道路、土壌の補強と安定化、ヒープリーチパッド、埋立地、封じ込めサイトなどのインフラ開発用途で主に使用されています。ジオシンセティック材料の基本的な機能は、分離、補強、ろ過、排水、バリアです。インフラ整備への支出や廃棄物管理への需要の増加は、メーカーに市場機会を提供しています。

COVID-19のパンデミックにより、世界の建設業界の企業は、新規のオフィススペースや店舗などへの需要が減少し、収益が減少しました。しかし、社会的な距離を置くことや救援金などの予防措置や、政府が基準を緩和したことで、最終産業は回復しつつあります。さらに、オーストラリアなど一部の国では、建設業は必須サービスに該当するため、ロックダウン規制が免除されました。インドネシアでは、予防的な封鎖措置、サプライチェーンの障害、インフラプロジェクトの遅延などにより、建設業界が低迷しています。米国の建設業界は、パンデミックの影響で中国などからの輸入が制限されたため、原材料の入手が制限され、大きな影響を受けました。しかし、各国政府による景気刺激策により、経済を支えることができました。こうして、建設業界がインフラの成長を促進することでCOVID-19危機後の経済回復につながると期待されています。

牽引要因:新興国における廃棄物管理への投資

急速な人口増加と都市化により、世界各地で固体・液体廃棄物が増加しています。環境意識の高まりにより、適切な廃棄物・水管理プロジェクトの需要が増加しています。 ジオシンセティックスは、埋立地のキャップとして使用され、埋立地への流体の移動を防ぎ、埋立地閉鎖後の浸出水の発生や関連する処理コストを削減または排除します。 また、深刻かつ広範な水質汚染に対する社会的関心の高まりを受けて、さまざまな水管理活動で広く使用されています。ジオシンセティックスのライナーシステムは、湖、川、池、帯水層、貯水池などの水資源を保護するために、廃水処理施設の廃棄物処理ラグーンで使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]