試験・検査・認証の市場規模、2026年に2,494億米ドル到達予測

試験・検査・認証の市場規模は、2021年の2,072億米ドルからCAGR3.8%で成長し、2026年には2,494億米ドルに達すると予測されています。試験・検査・認証(TIC)市場は、APAC(アジア太平洋)地域が最大シェアを占めており、また予測期間中のCAGRも最高で推移すると予想されています。APACにおけるTIC市場の成長は、メーカーが航空宇宙・航空部品、電気・電子製品、重機械・機器の生産に注力していることに起因しています。グローバル化により、食品・飲料、電子機器、自動車産業で使用される製品や商品の標準化が進んでいます。水路や道路などの交通手段の発達により、それぞれの車両や、交通手段の運営・維持に必要なインフラの水準が向上しています。APAC諸国は、家電製品、自動車、再生可能エネルギーソリューションなどの分野で二桁成長を遂げており、TIC市場のプレーヤーは、テストラボを設置することで、その視野を広げています。

COVID-19パンデミックの最中、TIC市場は、産業、ヘルスケア、家庭用電化製品部門での先進技術の採用や、バーチャル検査、目視検査、遠隔監査などの新しいサービスやソリューションの導入により成長を遂げています。特にヘルスケア部門では、このパンデミックとの戦いで最前線に立っている製薬、診断、医療機器、臨床研究、デジタルヘルスのアプリケーションにTICサービスが採用されています。製薬会社は、ウイルスに対抗するための薬、解毒剤、ワクチンを開発しています。企業は、COVID-19感染の重症度を測定し、患者を治療するための新しい検査サービスを開発しています。各国では国民の治療やワクチンの研究開発に莫大な費用を投じています。熟練した医師、科学者、生物学者、医療専門家、看護師、その他の生命科学の専門家が、世界中の主要な研究プログラムを主導しています。この状況下で、多くの国が、ヘルスケア産業への予算が十分ではないことを認識しました。現在進行中の危機や将来的な危機から世界の人々を守るためには、予算を増やさなければなりません。ライフサイエンス企業は、投資、成長、雇用を促進するために、権限を与えられたワーキンググループを通じて、様々な規制当局や政策立案者と緊密に連携する必要があります。

牽引要因:顧客満足度の向上に注力した製造企業の増加

高品質な製品は、顧客満足度と顧客維持を実現するだけでなく、製品リコールに関連するリスクとコストの削減にも役立ちます。企業は、品質管理基準に従うことで、競争力を得ることができます。さらに、信頼できる機関が提供する認証は、企業の効率性を高めるのに役立ちます。企業は、広告やマーケティング戦略を通じて顧客とコミュニケーションをとり、製品の品質を保証します。その結果、多くの人々がブランドや認証を受けた製品を求めるようになり、ブランド企業はより良い収益を得ることができます。さらに、政府は人々の安全を確保するために、認証された製品やサービスの使用を奨励しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]