欧州の医療機器メンテナンスの市場規模、2026年に190億米ドル到達予測

欧州の医療機器メンテナンスの市場規模は、2021年の122億米ドルからCAGR9.3%で成長し、2026年には190億米ドルに達すると予測されています。患者数の増加、早期診断への関心の高まり、画像診断の件数の増加、多数のOEMの存在、サービスプロバイダーとエンドユーザー間の戦略的合意や協力などが、欧州の医療機器メンテナンス市場の成長を促進する要因となっています。

COVID-19 の欧州医療機器メンテナンス市場への影響

COVID-19パンデミックの結果、欧州の病院ではクリティカルケア機器に主眼が置かれ、人工呼吸器などの重症医療機器の需要が大幅に増加する一方で、医療機器メンテナンスを提供する企業へのアクセスが減少しました。また、非クリティカルな医療機器のメンテナンスに必要なアクセサリーなどの消耗品の調達は、部品の輸送が制限され課題に直面することになりました。これにより、メンテナンスサービスに対する需給ギャップが拡大すると予想されます。現在、需要が極めて高い人工呼吸器や呼吸器などのクリティカルケア機器については、バイオメディカルエンジニアの不足がアフターサービスの制限要因となる可能性があります。

牽引要因:医療機器の予防的メンテナンスへの関心の高まり

近年、医療機関では、患者の安全と医療の質の向上を目指して、医療機器の予防的なメンテナンスに注目が集まっています。これは、メンテナンス作業を計画的に実施することで、後々の大規模かつ高額な修理を回避するものです。また、機器のダウンタイムを減らすことで、日々のオペレーションを向上させ、機器の信頼性を高めることができます。医療機関では、予防的なメンテナンスの実施が重視されており、今後数年間、サービスプロバイダーに成長の機会を提供することが期待されています。

抑制要因:高い初期費用と多額のメンテナンス費用

医療機器のメンテナンスプログラムは、機器の状態を追跡・監視し、効率的な使用と最大限の稼働率の確保を可能にします。また、予防的なメンテナンスが重視されている現在、緊縮財政を背景に総支出を抑制するためにも、メンテナンスは不可欠です。このようなプログラムには、先端技術を用いた資産管理ソリューションの導入が含まれます。しかし、この導入には高額な初期導入費用と多額のメンテナンス費用がかかります。また、高度な医療機器の導入には、医療機器のコストの約12%に相当する、1年ごとに支払うサービス契約費用が必要になります。機器の寿命が尽きるまでに支払われるサービスコストは、機器のコストを上回り、先進医療機器の購入とメンテナンスにかかる高コストが、エンドユーザーによる導入を制限しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]