吸着剤の市場規模、2026年には56億米ドル到達予測

吸着剤の市場規模は、2021年の41億米ドルからCAGR5.9%で成長し、2026年には56億米ドルに達すると予測されています。吸着剤市場の成長要因は、石油・ガス処理の大規模な開発や社会経済的な進歩に支えられています。様々な用途での純度基準の維持や環境問題から、吸着剤の使用が増加しています。

COVID-19 の吸着剤市場への影響

吸着剤の世界市場には、Arkema SA(フランス)、Honeywell International(米国)、Axens(フランス)、BASF SE(ドイツ)、Cabot(米国)などの主要なTier IおよびTier IIサプライヤーが含まれます。これらのサプライヤーは、アジア太平洋地域、欧州、北米、その他の多くの国に製造施設を持っています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。

吸着剤市場は、2020年から2021年にかけて成長率が低下すると予想されています。これは、COVID-19のパンデミックによる、エネルギー・化学、建築・空気分離・乾燥の分野への打撃によるものです。パンデミックは、建設プロジェクトの材料、労働力、その他のコスト要素に影響を与えています。最終用途産業向けの吸着剤の主要生産国であるAPAC(アジア太平洋)と北米でも、製造拠点で操業が停止しており、吸着剤市場のサプライチェーンに混乱が生じています。

牽引要因:酸素濃縮器の需要増加

COVID-19患者の増加や、インドでの酸素ボンベ不足などの状況下で、酸素濃縮器は、自宅で隔離されている患者や、酸素が不足している病院で、最も必要とされる機器の一つとなっています。大気中の空気は、約78%の窒素と約21%の酸素を含み、残りの約1%は他のガスで構成されています。酸素濃縮器は、この空気を取り込み、ろ過することで、大気中の酸素を濃縮します。

濃縮器は持ち運びが可能で、極低温タンカーで保管・輸送する必要のあるLMOとは異なり、特別な温度を必要としません。また、電源のみで周囲の空気を取り込むことができ、圧力スイング吸着(PSA)では、圧力下の混合ガスから、ガス種の分子特性と吸着材への親和性に応じて、一部のガス種を分離することが出来ます。これにより、吸着剤の需要が高まっています。

抑制要因:不純物が多いことによる寿命の低下

吸着材には、表面に分子を引き寄せる性質がありますが、この能力には限界があり、容量を超えて精製や浄化を続けると、脱着につながる平衡状態に陥ります。吸着剤は、精製・浄化処理の際に、二酸化炭素や硫化水素、メルカプタン、生産化学物質、水和剤などの汚染物質を吸着するために使用されます。吸着剤の耐用年数は材料の再生能力に基づいており、これが吸着剤市場全体の抑制要因となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]