交通管理の市場規模、2026年には619億米ドル到達予測

交通管理の市場規模は、2021年の353億米ドルからCAGR11.9%で成長し、2026年には619億米ドルに達すると予測されています。エコシステムには様々なキープレイヤーが存在するため、競争が激しい多様な市場となっています。交通管理市場には、環境に優しい自動車技術の採用やMaaSの導入による高い成長率が含まれており、同時に、運用効率に対するニーズの高まりや、近年の政府による義務化なども、同市場の高い成長率に大きな役割を担っています。さらに、交通管理ベンダーには多大な成長機会があり、小規模な企業や新興企業も、世界中で自社製品を提供することで、交通管理市場での存在感を示しています。交通管理業界は、様々な地域の交通の流れを統合および調整し、通勤者の利便性を高め、環境への影響を低減しながら、全体的な交通効率を向上させています。

COVID-19パンデミックは、交通分野に影響を与えるだけでなく、世界経済にも影響を与えています。エネルギー、石油・ガス、輸送・物流、製造業、航空業など、さまざまな金融・産業分野が、多大な経済的影響を受けています。世界各地で、製造業、自動車、繊維、輸送・物流、旅行・接客、消費財などの基幹産業が、国家レベルのロックダウンにより活動停止を余儀なくされています。このパンデミックにより、経済のバックボーンとして機能している中小企業が、最も大きな影響を受けています。

牽引要因:自動車台数の増加とインフラの不備

都市部で人口が増加すると、交通渋滞も増加します。米国では、大多数の人が自家用車を利用していますが、これには2つの理由があります。一つには、多くの人が公共交通機関へのアクセスが不便な地域に住んでいることです。もう一つには、自家用車の快適で便利な点が挙げられます。米国では約87.9%の人が自家用車を利用しており、世界的に見ても、世帯収入の増加により自動車やトラックの個人所有が進む傾向があり、道路渋滞につながっています。一方、米国、イギリス、ドイツなどの先進国では、公共交通機関の利用を促進するためのさまざまな取り組みが行われており、既存の交通インフラのアップグレードとICTシステムの進化により、今後の交通管理市場への投資が促進されると考えられます。

抑制要因 インフラ部門の成長鈍化

交通管理システムは、リアルタイム分析のために、大量のデータ処理を必要とします。交通管理企業にとって、既存のインフラは、各国政府に交通システムのアップグレードを働きかける良い機会となります。一方、既存の設備を更新するには高額な投資が必要となります。各国の政府は、道路インフラへの投資を制限しており、交通管理システムに必要とされるシステムの継続的なアップグレードやインフラの配備が、国の流動性に課題を残し、交通管理産業にも影響を及ぼします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]