分散型の光ファイバセンサの市場規模、2026年に15億米ドル到達予測

分散型の光ファイバセンサの市場規模は、2021年の9億米ドルからCAGR9.7%で成長し、2026年には15億米ドルに達すると予測されています。様々なプロセスにおける生産性、効率性、安全性を満たすためのデジタル化と自動化、そしてパイプラインモニタリング、構造物の健全性モニタリング、国境の監視および制御アプリケーションにおけるセンサーの採用が、分散型光ファイバセンサ市場の成長を促進しています。さらに、石油・ガス、インフラ、安全・セキュリティの各分野で分散型光ファイバセンサの採用が進んでいることも、近い将来、同市場の需要を押し上げると予測されます。

COVID-19の分散型光ファイバセンサ市場への影響

2020年、主要経済国政府がCOVID-19の拡散を抑制するためにロックダウンを実施したことで、分散型光ファイバセンサ市場は低迷し、製造活動に大きな影響が出ています。さらに、北米、欧州、APAC(アジア太平洋)、中東などでは、生産とサプライチェーンが大きな打撃を受けています。COVID-19の感染拡大と並行して、2020年1月から4月にかけて世界の石油需要が急激に減少しました。その結果、原油や石油製品の在庫が増加し、需給バランスが崩れ、バリューチェーン全体に深刻なダメージを与え、生産量の減少、大規模な設備投資の削減、石油・ガス会社の最終投資決定の延期、製油所の稼働率の低下などが発生しました。また、政府による鉄道や道路などの建設プロジェクトが停止し、インフラ分野に影響を与えたため、分散型光ファイバセンサの需要が減少しました。COVID-19の発生と蔓延による経済活動の低迷は、2020年のエネルギー、安全、セキュリティの需要と供給のパターンに変化をもたらし、今後もさまざまな経済圏でその影響は継続すると思われます。

その後、多くの地域でロックダウン規制が解除されたにもかかわらず、製造業では渡航制限のために必要な労働力を確保できず、2020年の分散型光ファイバセンサ市場は縮小を余儀なくされました。一方、中国、インド、米国、ドイツなどの国でロックダウンが緩和され、ワクチンの導入が進んでいることから、今後数ヶ月のうちに製造業はペースを取り戻し、分散型光ファイバセンサ市場は2021年末には回復することが予想されています。

牽引要因:石油・ガス産業におけるアプリケーションの増加

石油およびガス業界は、運用における生産性、効率、および安全性に対するニーズを満たすために、急速なデジタル化と自動化を行っています。分散型温度センサーは、1990年以来、これらの業界で使用されています。また、分散型温度センサーは主に坑井の監視に使用されています。一方、分散型音響センシングは、パイプラインシステムのモニタリングと監視にも、多く利用されています。坑井や貯留層のモニタリングは、石油・ガス産業における分散型光ファイバセンサの普及率が最も期待される用途分野です。さらに、分散型圧力・歪み検知システムも、石油およびガス業界での分散型検知方法の普及に伴い人気が高まっています。センサーの組み合わせにより故障の可能性が減少するため、単一のケーブルでの温度、ひずみ、および音響センシングのハイブリッドが市場を牽引する可能性があります。これらの要因が、分散型光ファイバーセンサ市場の成長を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]