無人電子戦の市場規模、2026年に8億4,700万米ドル到達予測

無人電子戦の市場規模は、2021年の6億8,500万米ドルからCAGR4.3%で成長し、2026年には8億4,700万米ドルに達すると予測されています。この成長は、新技術による無人電子戦システムの需要が増加していることに起因しています。地域別には、北米市場が、同システムへの投資が増加していることにより、高いシェアを占めています。

COVID-19の無人電子戦市場への影響

無人電子戦市場には、Lockheed Martin(米)、Northrop Grumman(米)、Thales Group(仏)、L3Harris Technologies (アメリカ)、BAE Systems(イギリス)、Saab Ab(スウェーデン)などの大手企業が含まれます。これらの企業は、北米、欧州、アジア太平洋、中東、ラテンアメリカなど、さまざまな国で事業を展開しています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。無人電子戦システムの研究開発は常に進化しています。一方、COVID-19パンデミック状況を考慮すると、各国が防衛予算を削減していることがこの技術の成長の妨げになっている可能性があります。

牽引要因:地域情勢的不安による無人電子戦システムの取得増加

国家間の武力衝突は急速に増加しており、各国は防衛・安全対策を強化する必要に迫られています。このような戦いに対応するために、新しい武器や戦闘システムが開発されています。この開発に伴い、電子戦システムが無人システムに統合されており、各国は増大する軍事的需要に対応するために防衛費の優先順位を見直す必要があります。

例えば、イラクやシリアなどの中東地域では、2014年以降、多数のテロ組織によるハイテク兵器を採用した軍事衝突が起きています。この地域の国々は、国境を守るために、最新の電子戦システムを取り入れるべく、防衛費を増強しています。サウジアラビア、UAE、カタールなどの中東の国々は、レーダーや防空システムへの投資を強化しています。例えば、サウジアラビアでは、ロシアからS-400防空システムを購入する計画があります。

抑制要因:複雑な戦闘状況におけるAIシステム制御への懸念

多くの政府が監視や自動化のためにAIを搭載したシステムを採用する中で、人力によるロボットの制御能力への懸念が生じています。また、人道支援団体の間では、各国政府が自動化された殺人ロボットを密かに開発する可能性を懸念しています。このことから、各国政府は自国の技術能力を公に宣言し、自律型兵器や完全自動化ロボットの開発を控える必要があります。さらに、AIシステムは迅速な判断を下すため、避けられない複雑な戦争に適応できない可能性があります。その結果、これらのシステムは、戦闘員と非戦闘員、あるいは脅威とシステムの異常を正確に区別できず、最終的には人間のオペレーターよりも正確性や精度が劣る可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]