特殊通気性膜の市場規模、2026年に11億4,500万米ドル到達予測

特殊通気性膜の市場規模は、2021年の8億4,900万米ドルからCAGR6.2%で成長し、2026年には11億4,500万米ドルに達すると予測されています。膜の透湿性は、メンブレンが水分を透過させる能力と定義され、一定時間内に素材を介して蒸気が透過する量を示すMVTR(Moisture Vapor Transmission Rate)で測定されます。これは、湿気がダメージを与える多くの産業において重要な要件です。衛生、ヘルスケア・医療、繊維、食品包装、医薬品、建築資材、消費財などの業界では、湿気の量をコントロールするために特殊通気性膜が使用されています。また、通気性膜は、通気性フィルムとも呼ばれます。

COVID-19パンデミックによる特殊通気性膜市場への影響

COVID-19パンデミックによる、製造業の操業停止、サプライチェーンの混乱、工業製品の需要減は、ヘルスケア・医療、繊維、その他のエンドユーズ産業の市場に多大な影響を与えました。一方で、このパンデミックにより、PPEキット、フェイスマスク、ガウンなどの需要が大幅に増加し、特殊通気性膜市場の成長を支えています。さらに、世界各地で人々は衛生用品を買い込んでおり、市場成長を牽引しています。

推進要因:発展途上国における健康と衛生に関する意識の高まり

発展途上国では、米国、カナダ、日本、ドイツ、フランス、英国、イタリアなどの先進国と比較して、衛生用品の普及率が低いと言われています。APAC(アジア太平洋)、アフリカ、東欧では、文化の違いや、一人当たりの所得の低さから、高額な衛生用品の利用は広まりませんでした。しかし、COVID-19などの感染症の発生に伴い、発展途上国での衛生用品の採用率は増加しています。

ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリウレタンをベースにした特殊通気性膜は、赤ちゃん用の紙おむつを製造する際の主な化合物として使用されています。欧州化学機関によると、ベビー用使い捨て紙おむつの世界市場は、2024年までに6.7%拡大し、923億米ドルに達すると予想されています。市場の主なプレーヤーである、花王株式会社、Kimberly-Clark(Huggies、世界市場の26%占有)、The Procter & Gamble(パンパース、世界市場の36%占有)、ユニチャーム株式会社、Hengan International Group、Essity AB、Bumkins ABなどの企業は、インド、中国、メキシコ、ブラジル、ASEAN諸国などの発展途上国での生産能力拡大のために、継続的な投資を行っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]