海洋・船舶管理ソフトウェアの市場規模、2026年に29億米ドル到達予測

海洋・船舶管理ソフトウェアの市場規模は、2021年の17億米ドルからCAGR11.2%で成長し、2026年には29億米ドルに達すると予測されています。複雑なサプライチェーンオペレーションを効率的に管理する必要性、海洋ソフトウェア産業全体の持続可能性の向上、全体的な出荷コストの削減と造船所の生産性向上のためのビッグデータの集中管理に対する需要などの要因が、同市場の導入を促進しています。

COVID-19が海洋・船舶管理ソフトウェア市場に与える影響

企業は、COVID-19パンデミックの影響への対策に集中するため、成長戦略から事業の持続戦略へと焦点を移しています。この影響で、予定されていたほとんどのプロジェクトが保留されており、大手海洋ソフトウェア企業間の競争は激化すると予想されます。そのため、複数の企業が1つのプロジェクトを獲得するために争うことになります。企業は通常経営に戻すにあたり、対顧客だけでなく業務面でも複数の課題に直面しています。COVID-19の急激な影響により、海運・海事産業分野の労働力は、感染防止のために完全隔離されており、困難な状況に直面しています。同時に、海運や空輸によるあらゆる貨物の輸送が停止しており、乗組員の管理プロセス全体に影響を与えています。主要な輸出入貿易を含む、すべての貿易チェーンが封鎖されており、他の港から運航されてくるコンテナや船舶の入港も各国で禁止されています。

牽引要因:海事産業におけるサプライチェーンオペレーション管理の必要性

海運事業は、ダイナミックな市場環境と複雑なプロセスに対処しなければなりません。海運業界では、オペレーションを合理化し、よりスマートな船舶やフリートを作り、デジタル技術を海運物流に導入する動きが加速しています。グローバルなサプライチェーンは、消費者の需要の増加に伴い、より複雑になってきています。製品、原料、原材料に対するニーズは、そのまま環境負荷の増大につながります。今日の競争の激しい市場では、海洋産業がサプライチェーンを合理化し、生産性を最適化するための新しい方法を導入することが必須となっています。AI、ビッグデータ、アナリティクスなどの革新的な技術と統合された海洋ソフトウェアは、エンドユーザーが在庫データをデジタルで整理し、出荷やトラッキング情報を監視・管理し、電子請求書を簡単に作成することを可能にします。同時に、出荷、入荷、追跡、注文データの集計にかかる時間を短縮し、時間とコストの両方を削減することができます。厳しい環境要件が海上輸送分野を形成し続けるなか、輸送業者はサービスレベルを維持し、コストを削減すると同時に、オペレーションの持続可能性を確保する必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]