マネージドサービスの市場規模、2026年に3,548億米ドル到達予想

マネージドサービスの市場規模は、2021年の2,429億米ドルからCAGR7.9%で成長し、2026年には3,548億米ドルに達すると予想されています。同市場の成長を促進する主な要因としては、熟練したIT専門家の不足、COVID-19パンデミック時の安全なITインフラへの需要の高まり、コストとリスクの削減、規制遵守とセキュリティへの要求などが挙げられます。

COVID-19のマネージドサービス市場への影響

COVID-19発生時に従業員の安全を確保する必要があったため、多くの企業が規制やポリシーの変更を余儀なくされました。ビジネスを混乱させた最大の原因は、以前のように従業員を移動させ、人事を調整することができなくなったことによります。旅行や入国が規制され、社会的にも距離を置く必要があったため、企業は現在の機能のあり方を変える必要に迫られました。例えば、ホワイトハウスはCOVID-19ハイパフォーマンス・コンピューティング・コンソーシアムの設立を発表し、世界中のCOVID-19研究者にハイパフォーマンス・コンピューティング・リソースへのアクセスを提供することで、ウイルスを阻止するための科学的発見のペースを大幅に向上させることを目指しました。COVID-19により、多くの企業は存続のためにコスト削減と業務効率の向上を余儀なくされており、これまで以上にIT要件を外部に委託することを検討するようになりました。これにより、マネージドサービス市場は強化され、成長が見込まれています。また、パンデミックの影響で在宅勤務が促進されており、サイバーセキュリティ、低遅延、広帯域の需要が高まっていることから、マネージドサービスに新しい市場機会をもたらしています。

牽引要因:安全なITインフラへの需要の高まり

COVID-19パンデミックの影響により、従来の労働モデルから在宅勤務モデルへのシフトが見受けられます。また、プライベート・クラウドからパブリック・クラウドへの移行が進み、セキュリティに関するさまざまな懸念が生じています。マネージドサービスプロバイダ(MSP)が、組織のITインフラを保護するための専門知識を、継続的な監視やアイデンティティ、アクセス管理などのさまざまなセキュリティサービスへ提供することにより、同市場の利益につながっています。MSPは、ワークスタイルの変化に対応し、最高のサービスを提供するために、セキュリティサービスの提供を増やしています。

抑制要因:プライバシーとデータセキュリティへの懸念

最近では、プライベート・クラウドからパブリック・クラウドへ、また、オンプレミスからクラウドへの移行が見られるようになりました。これにより、企業は常にデータ漏洩やプライバシーに関する問題に直面しています。データ漏洩やサイバー攻撃の増加、データセキュリティに対する懸念の高まりは、特にサードパーティとの統合において、企業に有形無形の損失をもたらしています。MSPは、これらの問題に対処し、事故を回避するため最新のツールや技術を備える必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]