鉄道サイバーセキュリティの市場規模、2027年に106億米ドル到達予測

鉄道サイバーセキュリティの市場規模は、2021年の62億米ドルからCAGR9.4%で成長し、2027年には106億米ドルに達すると予測されています。鉄道におけるインターネット技術は、スマートシティ、スマートトランスポーテーション、鉄道交通管理システム、CBTC、PTCなどのアプリケーション領域を獲得しました。先進技術としては、PIS、スマートチケッティング、乗客インフォテイメント、レールアナリティクス、クラウド・IoTサービス、貨物情報・アナリティクス、フリートモニタリングなどの貨物鉄道ソリューション、自動ストック管理、インテリジェント・スマートデバイス、スケジューリング・最適化機能などがあり、これらの技術はすべて、サイバーセキュリティの脅威に直面しています。これに加えて、高度なシステムやソリューションの出現も、鉄道業界のIoTを脅威にさらされやすくしています。

データ侵害やデータ漏洩の増加は、鉄道用サイバーセキュリティ製品、ソリューション、サービスの市場を活性化させています。技術の進歩に伴い、自動化された高度なサイバー攻撃が加速しています。攻撃の巧妙化に伴い、世界中の鉄道事業者がサイバー攻撃に対抗するためにサイバーセキュリティソリューションやサービスを導入するきっかけとなっています。例えば、2021年5月、SNCFはパートナーであるAlstom社、Bosch社、SpirOps社、Thales社、Railenium Technology Research Instituteと共同で、フランスで自律走行列車のプロトタイプ開発に着手することを発表しました。自律走行型列車にとって、サイバーセキュリティは重要な課題であり、コンソーシアムのパートナーは、プロジェクト開始時からフランスの国家サイバーセキュリティ機関であるANSSI(Agence Nationale de la Sécurité des Systèmes d’Information)と協力しています。 2020年、Alstom社は、鉄道市場にクラス最高のサイバーセキュリティソリューションを提供するために、イスラエルに本拠を置くサイバーセキュリティの専門企業であるCylus社に700万米ドルを投資しました。

デジタル化されたスマートな鉄道システムを展開するには、通信事業者、インフラプロバイダ、サービスプロバイダ、メーカー、公共部門、ユーザーグループなど、さまざまな関係者の共同作業が必要です。政府当局は、PPP(Public Private Partnership)モデルを採用しており、このモデルでは、交通プロジェクトの展開や資金調達のために、民間企業が政府のスマート、デジタル、コネクテッドな鉄道構想に参加することができます。このことは、鉄道サイバーセキュリティプロジェクトの需要に影響を与えると考えられます。

鉄道サイバーセキュリティ市場では、アジア太平洋地域が最も急速に成長していると推定されています。また、アジア太平洋地域の各国政府は、情報技術企業や鉄道サイバーセキュリティ企業と緊密に連携し、無人運転列車技術を広く展開しています。2020年には、世界最速のドライバーレス新幹線が中国で登場しました。中国の北京市と張家口市を結ぶ新しいドライバーレス新幹線は、最高速度350km/hに達することができ、運行中の自律走行列車としては世界最速となります。これらの列車には、数多くの安全システム、インフォテイメントシステム、エンターテイメントシステムなどの最先端のシステムが搭載されており、サイバーセキュリティソリューションが必要とされています。中国では高速鉄道プログラムへの注目が高まっており、同国のデジタル鉄道インフラや機器への投資が増加する可能性があります。高速鉄道はさまざまなインフラで運行されているため、高度な通信・管理ソリューションを必要とします。したがって、接続された高速鉄道の導入率の増加は、世界全体でこのセグメントの鉄道サイバーセキュリティの需要を増加させると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]