AIインフラの市場規模、2026年に793億米ドル到達予測

AIインフラの市場規模は、2021年の237億米ドルからCAGR27.3%で成長し、2026年には793億米ドルに達すると予測されています。データトラフィックの増加と高いコンピューティングパワーの必要性、クラウド機械学習プラットフォームの導入の増加、大規模で複雑なデータセットの増加、AIデータセンターにおける並列コンピューティングへの注目の高まり、業界を超えたパートナーシップやコラボレーションの増加などが、AIインフラ市場を牽引する主な要因です。

COVID-19によるAIインフラ市場への影響

COVID-19パンデミックにより、ヘルスケアをはじめとするアプリケーションへのAIの活用が、日常化しています。患者の遠隔モニタリング、医薬品開発のためのゲノム配列の解読、ヘルスケアチャットボット、診断におけるAI技術を用いたCTスキャンの強化などの採用は、COVID-19パンデミック以降勢いを増すと予想されます。

製造業ではAI、IoT、ブロックチェーン技術を用いたスマート製造プロセスの導入が見込まれており、企業はこれらの技術を採用することで、コストの削減、プロセスの効率化、人の接触を大幅に減らすことができます。現在、AIは予知保全に使用されており、今後は、サプライチェーンにおける需要とリターンの予測にも導入される予定です。AIの導入は今後数年間で拡大することが予想されます。

牽引要因:データトラフィックの増加とコンピューティングパワーの必要性

NVIDIA、AMD、Intel、Qualcomm、Huawei、SamsungなどのGPU/CPUメーカーは、AIソリューションに対応したチップの開発に大きく投資しています。また、CPUやGPUとは別に、ASIC(Application Specific Integrated Circuit)やFPGA(Field-Programmable Gate Array)などもAI用途に開発されています。計算能力の高いチップは、AIアルゴリズムを処理するための重要なパラメータの一つであり、チップが高速であればあるほど、AIシステムの構築に必要なデータを迅速に処理することができます。現在、エンドコンピュータではこのような巨大なワークロードを処理することができず、十分なパワーと時間的余裕がないため、AIチップは主にデータセンター/ハイエンドサーバーに配備されています。NVIDIAは、アプリケーションに応じてGPUメモリの帯域幅を提供するGPUを揃えています。

今後、データの効率的な保存、管理、解釈が不可欠になっており、シスコシステムズ社の最新の記録によると、2021年には世界のIPトラフィックは1年で1.2ZB、1ヶ月で96EBに達すると報告されています。これは、世界のIPトラフィックが繁栄しており、近い将来、より多くのデータが生成される可能性があることを示しています。その結果、より高い演算能力を持つデバイスが必要となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]