造影剤の市場規模、2026年に59億米ドル到達予測

造影剤の市場規模は、2021年の49億米ドルからCAGR3.7%で成長し、2026年には59億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、慢性疾患の有病率の上昇、造影剤の承認の増加、CTやMRI検査の実施量の増加、診断センターや病院の数の増加、償還の可能性などに起因しています。アジア諸国の新興市場は、市場プレーヤーに多大な成長機会を提供すると予想されます。一方で、先進的な治療法のコスト高やアクセスの悪さが、市場の成長を一定程度制限する可能性があります。造影剤市場は、タイプ、モダリティ、投与経路、適応症、アプリケーション、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

COVID-19が造影剤市場に与える影響

COVID-19の流行により、患者の病院への来院数が減少したため、造影剤市場にマイナスの影響を与えました。このパンデミックは、医療システムに大きな負担をかけました。医療機関やプロバイダーは、COVID-19の患者用の医療資源を確保するために、選択的な外科手術や診察を中止するように指示されました。その結果、多くの放射線科では画像診断の症例数が急激に減少しました。

選択的・非選択的手術の減少による造影剤の使用量の減少、ルーチン検査の利用率の低下、顧客の設備投資の減少、検査室の閉鎖や臨床検査の減少による研究活動の低下などが、造影剤市場にマイナスの影響を与えています。多くの国で経済活動の再開が始まっていますが、造影剤の利用率がパンデミック前の水準に戻るには時間がかかると思われます。さらに、COVID-19の感染が再燃した場合、その蔓延を遅らせるために、新たなロックダウンや検疫義務などの制限が課せられ、再び市場の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。

牽引要因:造影剤承認の増加

世界的な慢性疾患の増加に伴い、画像診断の需要が大幅に増加し、その結果、造影剤の需要も増加しています。この需要増加に伴い、造影剤メーカーは、新製品を市場に投入し、新しい適応症で造影剤の承認を受けるために、大規模な研究開発を行っています。例えば、Bracco社は2021年に、超音波造影剤Lumasonの20本入りパックを米国FDAに承認されました。

抑制要因:造影剤に伴う副作用やアレルギー反応

造影剤は一般的に、MRIやCTスキャンなどの各種診断での使用に際し、安全であると考えられています。しかし、造影剤の使用に伴う特定の副作用やアレルギー反応が、市場の成長を一定程度制限する可能性があります。副作用には軽度から重度までありますが、重度の反応は非常にまれで、造影剤に対する重篤なアレルギー反応もまれです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]