医療機器製造受託市場、2026年に1,133億米ドル到達予測

医療機器製造受託市場は、2021年の659億米ドルからCAGR11.5%で成長し、2026年には1,133億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長を促進する主な要因としては、疾病の蔓延、平均寿命の延び、高齢者人口の増加による医療機器市場の成長が挙げられます。技術の進歩により、エンドユーザーは製造システムのオーバーホールやアップデートを求められています。これはコストのかかるプロセスであるため、エンドユーザーは製造委託を検討しています。さらに、COVID-19の発生により、治療管理を向上させるための高度な診断機器や患者ケア機器の導入が加速しています。

一方、医療機器市場の統合が進んでいることが、市場の成長を制限しています。大手企業は、製造能力を高めてコストを削減するため、中小企業やCMO自体の買収に注力しています。このことは、市場全体の成長ペースに影響を与える可能性があります。

COVID-19による医療機器受託製造市場への影響

COVID-19パンデミックは、業界全体の生産サイクルやサプライチェーンを混乱させ、多大な影響を与えました。医療機器業界は、感染者数が一向に減る気配がないパンデミックの根絶に向けて、大きな課題に直面しています。

医療機器受託製造市場は、パンデミックにより、プラスとマイナス両方の影響を受けることが予想されます。緊急性のない手術の中止により、医療機器の需要が減少しています。逆に、人工呼吸器やレスピレーターなどの医療機器の需要は何倍にも伸びており、医療機器受託製造企業の成長見通しを高めています。

医療機器受託メーカーは、パンデミック発生以降、常にこの状況を監視しています。市場プレーヤーは、顧客へのサプライチェーンの混乱を最小限に抑えることに注力しています。また、安全性確保のために、厳格な洗浄・消毒手順を実施し、企業は、訪問者の案内やスクリーニングを徹底し、出張を制限し、遠隔地での勤務体制や厳しい検疫措置を設定しています。

牽引要因:インダストリー4.0の医療機器業界への影響

ペースメーカーや埋め込み型医療機器などの複雑な製品の開発・製造の増加に伴い、クラスIIIの医療機器の革新が進んでいます。医療機器メーカーは、クラスIIIの医療機器を大量に製造する際に、組み立てやテストのプロセスが複雑であるという課題に直面しています。さらに、機器とプロセスの両方が、コンポーネントのトレーサビリティーと検証、保管、アクセスに関する規制に適合しなければなりません。このようにクラスIIIデバイスの大量製造には、自動化された生産・製造が必要となります。そのため、OEMメーカーは電子機器製造サービスの専門知識を活用し、自動化、高品質な製造システム、規制遵守を求めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]