デジタル治療薬の市場規模、2026年に131億米ドル到達予測

デジタル治療薬の市場規模は、2021年の34億米ドルからCAGR31.4%で成長し、2026年には131億米ドルに達すると予測されています。市場成長の主な要因は、予防可能な慢性疾患の発生率の増加、医療費抑制の必要性、予防医療への注目の高まり、デジタル治療薬への投資の増加などが挙げられます。

COVID-19によるデジタル治療薬市場への影響

COVID-19パンデミックとその後の全国的なロックダウンの影響は、様々な産業で見られます。特に、インド、中国、ブラジル、米国、欧州では、様々な分野の成長に大きな影響を与えています。石油、航空、鉱業などの業界が収益の激減を経験している一方で、ヘルスケア、バイオテクノロジー、製薬業界はこの状況を最適化し、最大数の患者と医療従事者にサービスを提供しています。

パンデミックが拡大し続ける中、医療従事者はその対策に追われています。増え続ける症例が重篤な合併症を引き起こし、患者は病気の評価と治療のためにデジタル治療薬を利用するようになっています。また、COVID-19の発生により、医療機関は標準的な処置に代わるシステムやプロセスを模索しています。その結果、医療機関と消費者の両方がデジタル治療法をますます採用するようになっています。

牽引要因:予防可能な慢性疾患の発生率の増加

慢性疾患は、世界中で医療システムへの負担を増大させています。例えば、米国心臓協会が発表した報告書、Heart Diseases and Stroke Statistics at a Glanceによると、心血管疾患(CVD)は世界的に死因の第1位となっています。CVDは年間1,730万人の死亡原因となっており、この数字は2030年には2,360万人を超えると予想されています。慢性疾患の高い罹患率と発症率は、世界中の医療システムにとって大きな懸念材料です。慢性疾患を持つ患者の治療は、心身や生物心理的な要因が影響することが多く、大きな課題となっています。また、慢性疾患は不確実性の高い疾患であるため、患者は新たなセルフケアをライフスタイルの一環として考える必要があります。さらに、慢性疾患の多くは進行性であり、その発症率は年齢とともに高くなります。世界の高齢者人口の増加に伴い、慢性疾患は今後数年間でさらに増加することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]