発電所制御システムの市場規模、2026年に102億米ドル到達予測

発電所制御システムの市場規模は、2021年の72億米ドルからCAGR7.3%で成長し、2026年には102億米ドルに達すると予測されています。電力アプリケーションのためのゼロダウンタイム電源ソリューションへのニーズの高まりが、ロータリーまたは発電所制御システム市場の主な推進要因となっています。また、高効率、省スペース、低いライフタイムコストなど、ロータリー式UPSの利点が需要をさらに押し上げています。データセンターへの投資の増加は、今後の発電所制御システム市場の成長の最大要因となることが予想されます。

COVID-19の発電所制御システム市場への影響

発電所制御システム業界の幹部は、コロナウイルスの蔓延を抑えるための産業閉鎖や、労働者不足による納入や建設の遅れを予想しています。発電所の制御システムを製造するための多くの部品は、中国、アジア太平洋地域、欧州、米国から調達しています。中国や米国における製造上の混乱は、同市場の短期的な減少につながる可能性があります。さらに、COVID-19の発生により、多くの国の現地通貨の価値が下落しています。発電所制御システムの製造に使用される主要部品は一般的に米ドルで調達されているため、部品コストの上昇につながる可能性があり、需要と供給にズレが生じています。

牽引要因:脱炭素化の流れと再生可能エネルギー発電所への投資の増加

電力は、多くの国の成長を左右する重要な資源です。EIAのInternational Energy Outlookによると、世界の電力需要は2040年まで年率2.11%で増加すると予想されています。この成長の大部分は、中国やインドなどの非OECD諸国で起こると予想されています。これらの国では化石燃料に大きく依存しており、化石燃料の使用量の増加は、地球環境に悪影響を及ぼす可能性があります。これを受けて、世界各国の政府や電力会社は、電力部門の脱炭素化や再生可能エネルギー発電所へ多額の投資を行う意向を表明しています。この投資拡大の傾向は、IEAが毎年発表している世界の発電所への投資額のデータからも明らかです。化石燃料を使用する発電所への投資は、2012年以降、着実に減少しており、再生可能エネルギー発電所への投資額は、化石燃料発電所への投資額を上回っています。世界的なクリーンエネルギーへの取り組みや、主要国がパリ協定に署名したことなどが、投資拡大の主な理由として挙げられ、発電所制御システム市場の成長につながると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]