外壁システムの市場規模、2026年に1,993億米ドル到達予測

外壁システムの市場規模は、2021年の1,396億米ドルからCAGR7.4%で成長し、2026年には1,993億米ドルに達すると予測されています。同市場は、建設活動の活発化に伴い、住宅、商業、工業分野で外壁システムの消費が増加していることから、今後大きな成長が見込まれています。さらに、政府によるインフラ整備への支出が外壁システムの消費を促進しています。

COVID-19が外壁システム市場に与える影響

2020年、外壁システム市場はCOVID-19パンデミックによる影響を大きく受け、大幅に低迷しました。しかし、今後、建設部門が経済に与える影響により、回復が期待されています。一方、サプライチェーンの混乱、労働力や資材の不足により、遅延や停止が予想されます。建設作業員は建設現場に到着できず、現場での新たな手順に従わなければならないため、生産性が低下する可能性があります。また、建築資材のサプライチェーンが寸断され、生産や流通が停止するケースもあります。

牽引要因:工業用、商業用、住宅用の建設活動の増加による高い需要

外壁システム市場を牽引するのは、建設業界の成長です。建設産業の成長は、その国の経済発展を左右する重要な役割を果たしています。世界各国の建設活動の増加は、同市場を牽引し、商業施設、非商業施設、住宅などの新しい建物が生まれています。工場、製造プラント、スタジアム、ショッピングセンター、オフィスビル、ホテル、政府機関を含む公共施設、公共交通機関の建物、その他の政府プロジェクトの建設が急増しています。構造物における装飾的建築物の建設ソリューションの需要に直接影響を与え、そのため外壁システムの採用が増加することが予測されます。

抑制要因:炭素排出に関する政府規制

近年、環境保護は多くの地域で重要な関心事となっており、深刻な法的影響を及ぼす可能性もあります。ガラス、アルミニウム、ファイバーグラス、ファイバーセメント、石膏ボード、酸化マグネシウムボード、PVCボードのメーカーや化学工業による環境汚染が懸念されています。これらの産業は、外壁システムの原材料を提供しています。このため、外壁システム市場の利害関係者は、厳しい排出規制を遵守するようになっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]