カーケア製品の市場規模、2027年に55億米ドル到達予測

カーケア製品の市場規模は、2021年の42億米ドルからCAGR4.7%で成長し、2027年には55億米ドルに達すると予測されています。カーケア製品は、自動車の光沢、艶、耐久性を向上させるために使用される高品質の化学物質です。また、車の各部分に最大限のケアを施し、車の見た目の美しさを維持し、傷などのダメージを防ぎ補修します。ワックス、ポリッシュ、ペイントプロテクション製品、タイヤクリーナー、リムプロテクター、ガラスクリーナーなど、様々な自動車用アピアランスケミカルが市場に出回っています。

COVID-19は、インテリアやDIY用のカーケア製品の需要にプラスの影響を与えています。今後、地域別には、北米が最大市場となり、用途別ではインテリア分野が市場をリードすると予想されます。また、消費量別には、オートビューティーショップ部門が最大用途となっています。種類別には、費用対効果が高く、化学成分に関する多くの規制を満たしていることから、水性溶剤部門が急成長すると考えられます。

COVID-19のカーケア製品市場への影響

COVID-19パンデミックにより、全世界的にロックダウンが実施され、オートビューティーショップ、サービスセンター、ガレージなどが制限を受け、DIFM(Do It For Me)カーケア製品の消費に影響が出ました。しかし同時に、大手企業が電子商取引プラットフォームを利用してカーケア製品を流通させたことで、ロックダウン中のカーケア製品の消費にプラスの影響を与えました。車の所有者は、オンラインプラットフォームからDIYカーケア製品を使って車の手入れをするようになり、パンデミックの間、DIY製品の需要が増加しました。また、車の所有者の間で、車内の衛生状態に関する意識が高まったため、車内用カーケア製品の需要も増加しました。

牽引要因:中古車販売の増加

中古車の需要は、消費者が高品質な車を手頃な価格で購入したいと考えていることから、大幅に増加しています。COVID-19の発生により、サプライチェーンや新車の生産に支障をきたし、新車の購入を考えていた多くの顧客の購買力にも悪影響が出たため、世界各国で中古車の需要が高まりました。例えば、米国における乗用車および小型トラックの中古車販売台数は、2010年度から2019年度にかけて10.6%増加しました。

中古車は、自動車の仕上げや内装工事を劣化させる汚染物質に影響を受けやすく、太陽光線、樹木の樹脂、道路のアスファルト、砂、砂利、除氷剤、鳥のふんなど、さまざまな物質にさらされます。そのため、カーポリッシュやワックス、トリムクリーナー、タイヤ・リムプロテクターなどのカーケア製品の需要が世界中で高まっています。カーケア製品は、中古車の内装を保護したり、ボディの美化に役立ち、車の寿命を延ばし、中古車の価値を高めるのに役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]