量子コンピューティングソフトウェアの市場規模、2026年に4億3,000万米ドル到達予測

量子コンピューティングソフトウェアの市場規模は、2021年の1億1,000万米ドルからCAGR30.5%で成長し、2026年には4億3,000万米ドルに達すると予測されています。同市場の成長を促進する主な要因としては、BFSI分野での量子コンピューティングソフトウェアの導入が進んでいること、政府による開発・展開への支援、研究開発のための戦略的提携の増加などが挙げられます。

COVID-19の量子コンピューティングソフトウェア市場への影響

COVID-19以前は、量子コンピューティング技術は、各国政府による開発への投資により、世界的に需要が増加し、企業は戦略的な提携や協力を行い、特許登録を実施していました。COVID-19終息後には、創薬における量子コンピューティング技術の採用が増加していることから、量子コンピューティングシステムおよびサービスの需要が増加すると予想されます。しかし、量子コンピューティング技術の安定性やエラー修正の問題が、市場の成長を抑制すると予想されます。

牽引要因:銀行、金融サービス、保険業界での採用拡大

量子コンピューティングは、銀行・金融サービス・保険業界(BFSI)において普及が進んでいます。これらの業界では、企業が取引活動、トランザクション、およびデータ処理の速度を大幅に向上させることに重点を置いています。量子コンピューティングの潜在的なアプリケーションの一つにシミュレーションがあります。量子コンピューティングは、金融リスクを管理するための効率的な方法を特定するのに役立ちます。従来のコンピューターを金融機関で使用した場合、高品質なソリューションの処理時間とコストは指数関数的に増加しますが、量子コンピューターは最適化されたコストでより速く業務を遂行することができるため、コスト削減と新たな収益機会の創出が可能になります。

量子コンピューターを導入した金融機関は、大きなメリットを得ることができます。大規模なデータや構造化されていないデータをより効果的に分析できるようになるため、銀行やその他の関連領域で、より良い意思決定や顧客サービスの向上に役立つと考えられます。金融サービス分野における量子コンピューティングの潜在的なメリットとしては、次世代暗号を用いたサイバーセキュリティに関連するソリューションを提供することが挙げられます。さらに、量子コンピューティング技術を用いた不正行為の検知が進んでおり、プロアクティブな不正リスク管理につながっています。相互依存性のある資産のポートフォリオ管理の最適化や、顧客行動における予測分析は、量子コンピューティングと人工知能(AI)を組み合わせることで可能になります。さらに、量子コンピューティングとブロックチェーン技術を組み合わせることで、IoTの時代に最もハッキングに強い技術の開発につながることが期待されます。また、この組み合わせにより、BFSI垂直方向の取引速度を大幅に向上させ、処理コストを削減することで、インフラのダウンタイムを減らすことができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]