建設物修復用複合材の市場規模、2026年に5億3300万米ドル到達予測

建設物修復用複合材の市場規模は、2021年の3億3100万米ドルからCABR10.0%で成長し、2026年には5億3300万米ドルに達すると予測しています。建設物修復用複合材業界は、様々な用途からの建設修復プロジェクトの需要が増加していることにより成長しています。この需要は、COVID-19の影響で2020年に減少を示しましたが、エンドユース産業におけるロックダウンの終了とともに、今後の回復が期待されています。

COVID-19が建設物修復用複合材市場に与える影響

建設物修復用複合材市場は、COVID-19パンデミックにより、2020年は減少に転じ、特に北米と欧州地域に多大な影響を及ぼしました。ウイルスのさらなる拡大を防ぐため、企業は操業や製造施設の活動を停止しています。これにより、住宅、商業施設、サイロ、煙管、橋梁、石油・天然ガスパイプライン、水道構造物、産業構造物などの用途での、建設物修復用複合材の消費が減少しています。

牽引要因:商業用途での需要増加

商業部門は、同市場の中で、金額・数量ともに最も成長している用途の一つです。建築補修用複合材は、オフィス、学校、大学、病院などの補修工事に幅広く使用されています。これらの非住宅建築プロジェクトの構造工学では、風力タービンの重要な部品を修理するために、その潜在的な利点とコスト効率の良さから、建設用複合材が使用されています。中国やインドなどのAPAC(アジア太平洋)諸国では人口が増加しており、商業建築物の補修の需要が、同市場を牽引すると予想されます。COVID-19パンデミック以降の建設補修産業の回復が、同市場の牽引役になると考えられます。

抑制要因:従来品と比較した場合の高コスト

建設用複合材は、従来の代替品に比べて比較的高価な製品です。建設用複合材の価格は、主に繊維のコストに左右されます。建設用CFRP製品の価格は、GFRPやBFRP製品よりも比較的高額です。建設業界では現在、複合材製品は棒、ロッド、メッシュ、ファブリックなどの形で使用されています。これらの製品の平均価格は、繊維のコストが高いため、従来の製品よりも高額です。発展途上国では、消費者の多くが従来の代替品を選ぶため、製品の高額化は需要に直接影響します。建設用コンポジット製品は、新興市場ではまだあまり普及しておらず、一般的ではないため、スチールやアルミニウムなどの伝統的な代替品と競争するのは困難です。しかし、高額な製品価格は、大量生産や製造技術の進化によって下がる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]