宇宙用センサーおよびアクチュエーターの市場規模、2026年に77億米ドル到達予測

宇宙用センサーおよびアクチュエーターの市場規模は、2021年の33億米ドルからCAGR18.5%で成長し、2026年には77億米ドルに達すると予測されています。宇宙センサーおよびアクチュエーター市場は、宇宙センサー技術やアクチュエーターの継続的な進歩、SpaceX社(米国)やOneWeb社(英国)による小型衛星の打ち上げ数の増加、火星や月などの宇宙探査ミッションへの投資の増加などにより、今後も、世界各国で拡大を続けると予想されています。

COVID-19 の宇宙用センサーおよびアクチュエーター市場への影響

宇宙用センサーおよびアクチュエーターの長期的な市場牽引力は依然として強く、パンデミック前には、市場価格の大幅なリセットから回復の兆しが見え始めていた。

COVID-19パンデミックは世界を混乱させており、多くの産業が生き残りをかけて対策を講じています。宇宙開発に関わる政府や企業は、この状況下で様々な反応を示しています。衛星の打ち上げ、試験の存続、事業の継続などへの対応は、企業によりそれぞれです。パンデミック後の北米における消費者向けブロードバンドは、より高額なプランへの移行が見られ、全体の加入者数が増加しました。この短期的な逆風にもかかわらず、基本的な市場推進要因は優勢であり、長期的な成長を可能にすると予想されます。一方、一時的なサプライチェーンの問題により、多くの市場セグメントでは新規プロジェクトの展開が遅れる傾向にあります。

牽引要因:放射線硬化型電気光学宇宙センサーの開発

センサーシステムへの放射線の影響は、医療機器、高エネルギー物理実験、スペースエレクトロニクス、原子力など、正確なセンシングや環境パラメータの制御が求められる分野で重要な問題となっています。シリコンベースの電子デバイスや集積回路(IC)は,積算線量(TID)やシングルイベント効果(SEE)など,累積的な放射線の影響と瞬間的な放射線の影響の両方を受ける可能性があり,デバイスのパラメータを変化させたり,回路の性能を低下させたりします。センサー,回路,システムへの放射線影響を低減するために, Radiation Hardening By Process (RHBP),Radiation Hardening By Shielding (RHBS),Radiation Hardening By Design (RHBD)の、3つの放射線硬化が広く検討されています。これらの技術は、センサーシステムの信頼性と安全性を保証する上で重要な役割を果たしており、より過酷な放射線環境に、精度、運用期間ともに十分耐えられるようにするには、さらなる進歩が必要です。

抑制要因:宇宙船に関連する政府の政策

国民国家レベルと国際レベルの両方の政府政策が、衛星エコシステムと宇宙産業の進化に直接的または間接的に影響を与えています。現在、軌道上での包括的な規制制度は存在しません。米国では、衛星の打ち上げと再突入に関する規制はあるものの、ランデブーやプロキシミティ運用、宇宙状況認識(SSA)、RFマッピングなど、軌道上での活動に関する規制はありません。国際的には、70カ国以上の国が宇宙センサーやアクチュエーターの活動を行っていますが、コンセンサスは得られておらず、宇宙条約のハイレベルな規定を超えた包括的なグローバルレジームが存在することを示す指標はほとんどありません。事業者は、投資家に確実性を提供する規制の策定に関心を示していますが、負担の大きい規制は企業を国から国へと移動させる可能性があります。事業者と政策立案者の時間軸が必ずしも一致しないことや、国際社会の合意形成に多大な労力を要することを考えると、急速に進化する商業宇宙産業のための政策・規制の策定は、今後10年間の課題になると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]