ヘルスケアBPOの市場規模、2026年に4,685億米ドル到達予測

ヘルスケアBPOの市場規模は、2021年の2,964億米ドルからCAGR9.6%で成長し、2026年には4,685億米ドルに達すると予測されています。ヘルスケアBPOは、医療機関が非中核業務を外部に委託し、中核業務に集中することを可能にします。同市場の成長は、製薬・バイオ製薬業界でのアウトソーシングの拡大、高騰する医療費の抑制ニーズ、ケアマネジメントや不正検知サービスなど、ニッチなサービスへの需要の高まり、医療業界における構造化されたプロセスや文書化の必要性などに起因しています。

COVID-19によるヘルスケアBPO市場への影響

COVID-19パンデミックは、世界の人口と経済に大きな影響を与えました。このパンデミックの結果、医療機関は、すべての臨床機能が内部でつながり、他の医療機関と協調して運営される環境を構築しなければならないという、大きなプレッシャーに直面しています。このため、医療機関は、収益サイクル管理、クレーム管理、患者エンゲージメントなどの非中核機能を第三者に委託し、患者のアウトカム向上のために本来の仕事に集中することを余儀なくされています。COVID-19がヘルスケアBPO業界に与える影響は、複雑で多面的なものとなります。ヘルスケアBPO業界は、幸いにもデジタル機能を備えているため、BPO企業は従業員の健康と安全のリスクを最小限に抑えながら業務を継続することができます。このパンデミックは、従来のBPOを急速に変化させるきっかけとなることが期待されます。さらに、バイオ・医薬品アウトソーシング業界では、パンデミックの影響で、研究開発の需要が増加しています。この需要の増加やパンデミックによるその他の影響により、一部のCRO(医薬品開発業務受託機関)は重点的に事業を調整することになりました。デジタルイノベーション、テクノロジー、プラットフォームの導入により、ヘルスケアBPOサービスプロバイダーのほとんどが、危機的状況下でも効率的かつ正確に業務を継続することができました。

推進要因 増加する医療費を削減する必要性

アウトソーシングを行うことで、企業はリソース管理、労働力、スペースなどのコストを削減することができます。コスト削減は重要な検討事項です。米国では、競合他社の医療保険に加入するためのオンラインマーケットプレイスとなる医療保険取引所が台頭しています。これにより、消費者は競合する民間医療機関の保険に加入できるようになり、コストを合理化するためのアウトソーシングの導入が加速すると考えられます。

経済全体に占める医療費の割合が増加する中、価値に見合った対価の推進、ケアマネジメントの重視、消費者とのコストシェアの拡大など、構造的な変化が強まり、医療費の急激な増加に歯止めがかかるようになっています。しかし、医療費は過去5年間、6%から7%の間で推移しており、これが医療費を押し上げる要因になると考えられます。医療費の増加は、オフショアアウトソーシングを促進し、ひいては世界のヘルスケアBPO市場の成長を促進すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]