製品アナリティクスの市場規模、2026年に253億米ドル到達予測

製品アナリティクスの市場規模は、2021年の96億米ドルからCAGR21.3%で成長し、2026年には253億米ドルに達すると予測されています。顧客行動管理を改善によるパーソナライズされた商品の推奨を行う必要性、市場競争力を確保するための高度な分析ツールへの需要、ビッグデータやその他の関連技術の導入の拡大など、さまざまな要因が製品分析ソリューションやサービスの導入を促進すると予想されます。

COVID-19が製品アナリティクス市場に与える影響

COVID-19は、国際協力において相互接続性が重要な役割を果たすことを示しました。その結果、各国政府は、AIを搭載したソリューションの特定、評価、調達を進めています。高度な分析とAIは、不確実性をリアルタイムで管理する組織にとって非常に貴重なものです。しかし、ほとんどの予測モデルは過去のパターンに依存しています。COVID-19パンデミックの状況下において、高度な分析とAIの利用が加速しました。これにより、組織はデジタルチャネルを通じた顧客の囲い込み、脆弱で複雑なサプライチェーンの管理、労働者のサポートなどを行うことができるようになりました。一方、リーダーたちはアナリティクス戦略の大きな弱点として、アルゴリズムモデルを過去のデータに依存していることを指摘しています。顧客の行動から需要と供給のパターンまで、過去のパターンと継続性の仮定が予測モデルの基本となっています。プロダクトマネージャーは、パンデミックが自分たちのチームに及ぼす重要な影響を評価し、その悪影響を軽減して回復計画を立てることが重要になっています。製品、エンジニアリング、デザインをまとめる役割を担っているプロダクトマネージャーは、主要経済国の多くがCOVID-19の第2波への対応に取り組んでいる今、パンデミックがプロダクトマネジメントに及ぼす変化を検証する必要があります。

牽引要因:顧客行動管理を改善し、個人に合った商品を提案する必要性

顧客サービスは、企業にとって成功の鍵となります。顧客は、購入の意思決定の70%を、サービスの質に基づいて行います。今日、ニーズを予測することは、効果的なソリューションを提供し、顧客の満足度を高めるために、企業にとって重要な関心事となっています。そのため、成功している企業は、各顧客にパーソナライズされたサービスを提供するために、製品推薦エンジンを利用しています。適切な製品推薦ツールは、顧客の行動を活用し、サービスを最適化することで、企業のマーケティング活動の潜在的なROIを向上させます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]