ロボタクシーの市場規模、2021年の617台から2030年には144万5,822台へ到達予測

ロボタクシーの市場規模は、2021年の617台からCAGR136.8%で成長し、2030年には144万5,822台に達すると予想されています。交通安全や排ガスへの関心の高まり、ライドハイリングサービスの需要増などの要因が市場の成長につながっています。自律走行車は、フリート運用者のコストの最適化にも役立ちます。サービスとしてのモビリティという新しいビジネスモデルは、将来的に持続可能な第二の収益源として期待できます。

COVID-19 のロボタクシー市場への影響。

COVID-19発生当初は、エコシステム全体が混乱していたため、世界中で新車の生産と販売が停止しました。そのため、自動車メーカーは生産量を調整しなければなりませんでした。また、部品の製造が停止し、小規模なTier II、Tier IIIメーカーは資金繰りの問題に直面しました。パンデミック発生初期の数ヶ月間の生産停止と需要の低下は、EVメーカーにかつてない影響を与えました。その後、多くの自動車メーカーは、限定生産や必要な措置を講じて車両生産を再開しました。

ロボタクシー市場においても、初期段階では、ロックダウンやライドシェアリングサービスの需要低下などにより、市場の混乱がありました。しかし、後期には、独自の走行モデルにより、ロボタクシーの需要が増加しました。2021年5月のワシントンポスト紙によると、COVID-19のパンデミックの際、LyftやUberで働く5,000人以上のドライバーが独立した雇用契約を結んでいたため、経済的困窮による災害ローンが約8,000万米ドルに上ったと報告されています。これは、パンデミックの影響でライドシェアやライドハイリングの需要が80%減少したため、企業が大量のドライバーの雇用を継続する余裕がなかったことを示しています。そのため、企業はロボタクシーを自社の車両に組み込むことを重視するようになりました。これにより、運用コストが大幅に削減され、利益率の向上が見られるようになりました。

牽引要因:交通安全と交通管制の必要性

2020年のWaymo社の発表では、全世界では毎年約140万人が交通事故で亡くなっています。また、MIT Energy Initiativeが行ったMobility of the Futureの調査によると、2019年にアメリカでは交通事故により約4万人の命が失われています。このような人為的ミスは、運転に関わる人間の活動をテクノロジーが担当すれば減らすことができます。また、個人が所有する車両が減り、都市の車の数が減少することも予測できます。最終的には、交通渋滞の緩和や交通管制の効率化も期待できます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]