内視鏡再処理の市場規模、2026年に32億米ドル到達予測

内視鏡再処理の市場規模は、2021年の21億米ドルからCAGR9.0%で成長し、2026年には32億米ドルに達すると予測されています。今後の同市場は、内視鏡手技の嗜好の高まりから、内視鏡関連感染症のリスク、高齢者人口の増加とそれに伴う内視鏡手技、医療施設による再処理ガイドラインの改善が課題となります。

COVID -19が内視鏡再処理市場に与える影響

COVID-19の急速な蔓延により、選択的な内視鏡手術や必要のないオフィス活動の延期を余儀なくされました。また、COVIDの発生により、内視鏡の不適切な再処理による感染のリスクは、呼吸器科や耳鼻科のリーダーたちの間で一層高まっています。SARS-CoV-2ウイルスは、脂質のエンベロープ構造を持っているため、酵素系洗剤による洗浄に耐性があります。内視鏡は、メーカーの使用基準に従って、洗剤による前洗浄の後にも、消毒しなければなりません。

また、内視鏡手術中にCOVID-19ウイルスに感染するリスクも高く、多くの国で、緊急性のない手術を中止するガイドラインが作成されました。PubMedに掲載された国際的な調査結果によると、参加した48カ国のうち85%の国で手術件数が50%以上減少し、4つの内視鏡ユニットが完全に停止しました。このパンデミックにより、内視鏡センターの施術数が大幅に減少し、実施された施術のほとんどが緊急性の高いものに限られました。

牽引要因:内視鏡関連の感染症リスクの高さ

汚染された内視鏡を原因とする内視鏡関連感染症は、世界中で報告され続けています。この感染症は主に十二指腸内視鏡に関連するものでしたが、最近の報告では、胃カメラ、大腸内視鏡、気管支内視鏡に関連する集団発生も取り上げられています。内視鏡の再処理が十分に行われているにもかかわらず、内視鏡の使用に起因する感染症の発生件数は非常に多いと言われています。

最近の研究では、十二指腸内視鏡の汚染率は0.3%から30%と評価されています。同様に複雑なデザインのリニアエコー内視鏡、胃カメラ、大腸内視鏡も汚染される可能性があります。Klebsiella pneumoniaeとPseudomonas aeruginosaは、内視鏡に関連したアウトブレイクへの関与が頻繁に報告されていますが、これはおそらくバイオフィルムへの残留が原因と考えられます。生検チャンネルのような損傷を受けた部品は、摩耗が激しく、バイオフィルムが形成されやすくなります。

不適切な滅菌が原因で発生するこのような感染症では、患者の感染リスクを低減するための取り組みを行うことが余儀なくされています。例えば、2015年5月、FDAは、2018年までに軟性スコープをクリティカルデバイスと定義し、強制的な滅菌を行うよう勧告しました。このような取り組みにより、今後数年間で内視鏡の再処理製品の需要が増加することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]