防音材の市場規模、2026年に171億米ドル到達予測

防音材の市場規模は、2021年の141億米ドルからCAGR3.9%で成長し、2026年には171億米ドルに達すると予測されています。様々なエンドユースセグメントからの防音材の需要増加、厳しい規制や持続可能性に関する義務、環境への関心の高まりが、防音材市場を牽引しています。

COVID-19が防音材市場に与える影響

防音材は、建築・建設、石油・ガス、石油化学、エネルギー・公益、輸送、産業・OEMなど、さまざまな産業で使用されています。電力は、省エネ、エネルギー効率、環境規制などの要件から、重要な市場の一つとなっています。2020年第1四半期の同部門の需要は、2019年の同時期と比較して約2.5%の減少を記録しました。IEAによると、2020年の電力需要は全体で約2.0%減少すると予想されています。電力の大部分は産業部門で消費され、次いで住宅部門と商業・サービス部門で消費されます。電力需要は、政府による封鎖、ソーシャルディスタンスの確保、サプライチェーンの制限などにより、事業所の閉鎖を余儀なくされ、産業・商業部門から多大な影響を受けました。また、石油・ガス需要もパンデミックの影響を大きく受けました。石油・ガス産業は、2014年半ばに始まった原油価格の急落とそれに伴う価格低下の加速により、ここ数年ですでに弱体化していました。さらに、2020年にはCOVID-19の発生と相まって、世界的な需要の落ち込みにより、大打撃を受けました。しかし、2021年には、中国、インド、インドネシア、マレーシア、タイなどの経済活動の回復を背景に、需要の拡大が見込まれています。防音材の最終用途には、建築・建設、石油・ガス、石油化学、エネルギー・ユーティリティ、輸送、工業・OEMなどが挙げられます。

牽引要因:発展途上国での需要増加

先進国だけでなく発展途上国でも中間層の人口が増加しており、音響設備や冷暖房設備への需要が高まっています。防音材は、隣人や交通などによる外部からの騒音を軽減するメリットがあります。防音材には、音の快適性以外にも、耐火性や耐熱性の向上、エネルギー消費量の削減などのメリットがあり、レコーディングスタジオやオペラホール、劇場などの専門的な空間では、残響を抑えて完璧な音響環境を保つことができます。先進国および発展途上国における生活水準の向上と建物内のインフラ整備が、防音材市場を牽引しています。

インドや中国などの国では、巨大な経済成長によりエネルギーの消費量が増加しています。APAC(アジア太平洋)の建築・建設および輸送産業は急速に成長しており、この地域では防音材の需要が高まっています。中間層の人口増加に伴い、快適さへの要求が高まっており、防音材の高い需要につながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]