坑井介入の市場規模、2026年に93億米ドル到達予測

坑井介入の市場規模は、2021年の76億米ドルからCAGR4.2%で成長し、2026年には93億米ドルに達すると予測されています。上流企業が成熟した油田からの生産を強化していることが、坑井介入市場の発展の要因となっています。

COVID-19が坑井介入市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、多くの産業の成長を遅らせています。このパンデミックの影響は、企業や政府がウイルスの拡散を抑えるために取った行動も含めて、石油やガスの需要を大幅かつ急速に減少させる結果となっています。国際エネルギー機関(IEA)の報告書によると、地政学的な出来事によって世界市場への低価格原油の供給が増加し、同時にパンデミックの発生で需要が減少したため、2020年3月に原油価格が暴落しました。これらの事象が相まって、石油や天然ガス、坑井介入サービス・製品の需要に悪影響が及びました。

牽引要因:成熟した油・ガス田の生産能力向上の必要性

坑井介入市場の大手であるHalliburtonの調査によると、石油・ガス生産量の約70 %を成熟油田が占めており、その多くが二次、三次生産段階にあります。平均回収率は、ガスが70%、石油が35 %です。しかし、地質学的特性や資源の制約、古い技術の運用上の非効率性などにより、回収率はさらに低下する可能性があります。成熟油田は、一次的な回収努力の後、あるいは容易にアクセスできる炭化水素が回収された時点で、全体の生産量が減少するという特徴があります。このような油田は、将来のエネルギー需要の増加に対応できる可能性が高いため、枯渇した資源とは言い切れません。成熟油田の大きな問題点は、石油生産が不経済であり、オペレーターが石油埋蔵量を回収するための技術的な限界に直面していることです。

また、成熟油田は、古い設備やインフラを備えていることが多く、石油よりも水が多く生産されており、環境問題も懸念されます。坑井介入技術は、成熟油田の回復を促進し、生産期間を延長します。新しい坑井介入技術は、成熟した貯留層から高い割合の炭化水素を経済的に生産することを可能にします。

大手石油・ガス会社は、コストのかかる新しい井戸を掘る代わりに、成熟した埋蔵物の中にバイパスされたペイゾーンを利用する、新しいツールや技術の開発に焦点を当てています。成熟油田からの回収率を高め、寿命を延ばすことで、本来の量を上回る生産を可能にします。

石油・ガスの生産量の増加に伴い、新規油田の枯渇が急速に進み、その結果、成熟した油田が増加しています。枯渇した資源からの回収可能性は非常に大きく、推定埋蔵量の80%が中東・北アフリカ、43%がアジア太平洋、24%がラテンアメリカで発見されています。また、ノルウェーや英国では60%以上の油田が成熟化しており、貯留層内の炭化水素を増産するために坑井介入サービスが必要となっているため、欧州の上流企業は坑井介入作業に最新の技術を求めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]