プロバイオティクスの市場規模、2026年に911億米ドル到達予測

プロバイオティクスの市場規模は、2021年の611億米ドルからCAGR8.3%で成長し、2026年には911億米ドルに達すると予測されています。プロバイオティクスの利点についての認識が高まり、プレミアム製品を購入したいという消費者の意欲が高まっていることから、強化食品における需要は引き続き高いと予測されます。この製品に対する世界的な需要は、プロバイオティクスが消化器系の健康に関係しているという認識の高まり、栄養価の高い食品の需要の増加、高品質な動物由来の製品の需要増などに起因しています。プロバイオティクスは、サプリメントの形で提供されるなど、食品や飲料の成分として使用されます。

COVID-19のプロバイオティクス市場への影響

COVID-19パンデミックは、消費パターンに変化をもたらし、最終的にはダイエットの需要に影響を与えています。消費者の多くは、ジャンクフードや加工食品ではなく、栄養価の高い製品を選ぶようになっています。米国では、突然、プロバイオティクスの売上が33%増加しました。これは、人々が免疫力と体力を維持するための栄養補助食品に注目したためです。それ以来、小売店や薬局では、さまざまな形のプロバイオティクスが山積みされています。感染の恐れから、健康的な生活に神経質になる人が増え、同時にプロバイオティクスの需要が高まっています。ウイルス感染の危険性はすべての年齢層にあるため、メーカーはあらゆる年代に効果的なプロバイオティクスを開発しています。

牽引要因:プロバイオティクス強化食品がもたらす健康効果

消費者の健康意識は高まっており、日常的に健康的な食品を求めています。プロバイオティクスは、特に消化器系に強い健康効果をもたらすことが証明されています。また、サプリメントや食品・飲料の成分として提供されており、ヨーグルト、フルーツジュース、培養乳飲料などの安価な健康食品にも配合されていることが、市場規模拡大の要因になっています。最も一般的に使用されているプロバイオティクス菌株は、ヨーグルトを含む様々な乳製品に含まれるビフィズス菌とラクトバチルス菌です。乳製品のカテゴリーでは、ヨーグルトがプロバイオティクスを摂取するための最も一般的な選択肢となっています。例えば、2013年にChobani, LLC(米国)が米国市場でギリシャヨーグルトのラインを発売し、現在では北米全域で主要なブランドの一つとなっています。

抑制要因:プロバイオティクス製品の国際的な品質基準と規制

国家食品安全品質局、カナダ食品検査庁、米国FDA、WHO、EUのENVI(環境・公衆衛生・食品安全)に関する欧州議会委員会などの国際機関が、食品安全規制に関連しています。これらの組織は、直接的または間接的に、食品加工中のさまざまな化学物質や材料の使用を管理しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]