スマート家電の市場規模、2026年に764億米ドル到達予測

スマート家電の市場規模は、2021年の338億米ドルからCAGR17.7%で成長し、2026年には764億米ドルに達すると予測されています。同市場は、スマートフォンの需要拡大とインターネットの普及率の上昇を背景に、ここ数年大きな成長を遂げています。また、ワイヤレスソリューションの普及により、今後数年間でさらに大きく成長すると予想されています。

COVID-19のスマート家電市場への影響

COVID-19パンデミックにより、2020年と2021年を中心としたスマート家電市場の成長率が低下しています。このパンデミックは、スマート家電市場にポジティブ、ネガティブ両方の影響を与えています。まず、冷蔵庫や洗濯機などのスマート家電の需要が増加しました。人口のほとんどが家で仕事をしているため、自宅で過ごす時間が長くなり、従来の方法に比べて作業を素早く完了できる多くの家電製品が必要になりました。しかし、パンデミックの状況下で、人々は基本的な設備を重視しています。BDRC Continental Ltd(英国)が米国の消費者を対象に行った調査によると、消費者の64%が経済状況を心配しています。この消費者の購買心理は、小売業界、ひいてはスマート家電市場にマイナスの影響を与えることが予想されます。また、パンデミックにより、すべての地域の製造業が生産停止の影響を受け、メーカーからエンドユーザーへの製品供給が大幅に減少しています。

牽引要因:世界的なインターネットとスマートフォンの普及率の上昇

スマート家電は、インターネットに接続されていないと、ユーザーにスマートな機能を提供することができません。同時に、高度な機能がなければスマートではなくなってしまいます。数年前までは、世界のさまざまな地域でインターネットへの接続が問題となり、スマート家電の導入が妨げられていました。しかし、インターネットの普及率が高まったことで、状況は大きく変わり、スマート家電へのアクセス性が向上しました。さらに、近年、スマートフォンのユーザー数が大幅に増加しています。スマートフォンやタブレット端末でスマート家電をモニタリングできる利便性が、スマート家電の導入を促しています。インターネットを介して単一のインターフェースで家庭内のすべての家電製品を接続できることは、大きな利点です。

抑制要因:エンドユーザーのデータプライバシーに関する懸念

スマートフォンやインターネットのユーザーは、氏名、メールアドレス、自宅住所、生年月日、クレジットカード情報などの個人情報が共有されたり閲覧されたりすることで、悪用される可能性があることを懸念しています。さらに、スマート家電は開発企業のスマートフォンアプリケーションによって制御されており、消費者のデータはこれらのアプリケーションを通じて企業に取得されるため、消費者のデータのプライバシーに関する不安はさらに高まります。このように、プライバシーに関する懸念は、スマート家電市場の成長の潜在的な障壁となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]