オフショアデコミッショニングの市場規模、2027年に80億米ドル到達予測

オフショアデコミッショニング(海洋廃炉)の市場規模は、2021年から2027年にかけて7.4%のCAGRで成長し、2027年には80億米ドルに達すると予測されています。この成長は、成熟した油田・ガス田や老朽化したオフショアプラットフォームへの注目が高まっていることによるものです。

COVID-19がオフショアデコミッショニング市場に与える影響

COVID-19のパンデミックは、世界の石油・ガス産業の成長に悪影響を及ぼしました。各国の石油・ガス会社は、パンデミックに対処するために部分的または全面的な閉鎖措置を取ったため、製造施設やサービスを停止しなければなりませんでした。また、海外で事業展開しているオフショア企業は、国ごとの渡航や検疫の制限に対応しなければならず、そのために乗組員は長期の滞在を強いられています。

牽引要因:廃坑数の増加と大規模な成熟海底油田の存在

坑井の寿命が尽きると、永久的にプラグアンドアバンデッド(P&A)を行う必要があります。このようなP&A作業では、複数のセメントプラグを坑井内に設置し、貯留層や他の流体を含む地層を隔離します。特に、北海やメキシコ湾などの成熟したオフショア地域では、永久的なP&Aが必要な井戸の数が急速に増加しています。Oil & Gas UK社のDecommissioning insight 2019によると、2019年から2028年にかけて、北海では全体で2,624本の井戸が廃止される見込みです。さらに、政府によるP&A活動への注目度が高まっていることが、オフショアデコミッション市場を牽引しています。例えば、2021年4月、米国の下院民主党は、石油・ガス労働者の雇用創出と気候温暖化につながる排出物の削減を目的とした、全国の放棄された油井をP&Aするための80億米ドルを認可する法案を提出しました。このように、油井のP&Aの必要性が高まっていることが、オフショアデコミッション市場を牽引しています。

抑制要因:オフショアデコミッショニングロセスに伴うコストの高さ

プラットフォームの特性や構成が似ていても、場所、気候、規制などによって廃炉にかかるコストは大きく異なります。廃止措置は、複数の機器と熟練したオペレーターを必要とする複雑な作業です。油田は、炭化水素の生産段階で企業の収益に貢献します。しかし、廃炉作業は、企業にとって負債となった油田に対して行われます。石油・ガス設備の廃炉には費用がかかり、平均すると、メキシコ湾のような浅い水域でプラットフォームの撤去にかかる費用は、1,500万米ドルから2,000万米ドルと考えられます。また、北海のような深海から構造物を撤去する場合、小型のプラットフォームでも3,000万ポンド、大型の構造物だと2億ポンドかかると報告されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]