フリート管理の市場規模、2026年に339億米ドル到達予測

フリート管理の市場規模は、2021年の206億米ドルからCAGR10.5%で成長し、2026年には339億米ドルに達すると予測されています。エコシステムにはさまざまなキープレイヤーが存在するため、競争が激しく、多様な市場となっています。同市場には、クラウドコンピューティングやアナリティクスの導入による高い成長率、ハードウェアやIoT接続コストの低下、運用効率化へのニーズの高まり、最近の政府による義務化などが含まれます。しかし、フリート管理ベンダーには大きな成長機会があります。小規模な企業やスタートアップ企業も、世界各地で製品を提供することで、フリート管理市場での存在感を示しています。フリート管理業界は先進的な技術を導入し始めており、フリート組織が環境への影響を軽減し、効率を高めるためにグリーンイニシアティブを実施しています。

COVID-19が市場に与える影響

COVID-19は、エネルギー、石油・ガス、輸送・物流、製造、航空など、さまざまな金融・産業分野に大きな経済的影響を与えています。また、大企業や中小企業の区別なく、業界全体に大きな影響を与えており、製造業、自動車、繊維、輸送・物流、旅行・接客、消費財などの基幹産業が、国レベルのロックダウンにより閉鎖されています。

牽引要因:運用効率への注目

すべての産業は、最小のコストで最大の成果を求めています。企業にとり、フリートにかかるコストは営業費用の大部分を占めています。フリート管理ソリューションは、ルーティングの最適化、車両セキュリティの確保、ドライバーの安全性の向上、車両のパフォーマンスとライフサイクルの改善などにより、フリートオーナーの利益向上に貢献します。また、フリート管理ソリューションは、フリートのパフォーマンスを可視化し、どのドライバーや節約カテゴリーを改善の対象とすべきかを特定するのに役立ちます。フリート管理は、車両の適正化、メンテナンス管理、燃料費と走行距離の削減、ドライバーの行動改善、間接費の削減を支援します。これらの利点は、フリートオーナーのビジネスオペレーションの費用対効果を高め、競争力を提供します。同時に、フリート管理ソリューションのビジネスポテンシャルが高まり、同市場への投資が拡大します。

抑制要因:GPS接続に問題を引き起こす大気の干渉

GPSの接続性を制限する主な問題の一つに大気の干渉があります。GPSシステムが機能するためには、正確な位置情報を提供する必要があります。グーグルマップなどの最新のナビゲーションサービスでも、3〜10メートルの精度で位置情報を提供しています。また、これらのサービスは、ユーザーが理想的な環境にいること、屋内ではなく屋外にいること、都市部にいること、強力なインターネット接続環境があることなど、特定の条件の下で結果を出します。GPS信号が携帯電話に届くまでには、大気中の膨大な距離を移動し、複数の衛星を経由しなければなりません。正確なデータを得るためには、少なくとも3〜4個、多いと7〜8個の衛星からデータを受信する必要があります。さらに、都市部の大きな建物や、木、山、尾根など、自然の障壁の存在もあり、正確なGPS信号を得ることは簡単ではありません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]