ビル外壁用接着剤・シーラントの市場規模、2026年に59億米ドル到達予測

ビル外壁用接着剤・シーラントの市場規模は、2021年の48億米ドルからCAGR4.3%で成長し、2026年には59億米ドルに達すると予測されています。アジア太平洋地域では、容易に入手できる原材料と安価な労働力により、同市場が成長しています。

COVID-19によるビル外壁用接着剤・シーラント市場への影響

COVID-19は、金融分野のみならず、旅行・観光業、製造業、航空業など、さまざまな産業分野にも大きな経済的影響を与えています。世界銀行やIMFによると、2020年から2021年にかけて最悪の経済不況が予想されており、ロックダウンを課す国が増えていることから、経済活動が低迷し、世界経済に影響を与えています。金融市場ではリスク回避の動きが強まり、史上最低水準の金利や、株式・商品価格の急落が見られました。

牽引要因:住宅やインフラ分野での需要増加

建設業界におけるダクトワーク、アンカーアプリケーション、構造用グレージングなどの新しいアプリケーションへのシーラントの浸透が、建築用接着剤・シーラント市場を牽引しています。建築用シーラントの主な用途は、窓枠、サニタリー・キッチン、エキスパンション・ジョイント、フロア・システム、壁、パネルなどで、ひび割れを防ぎ、変化する大気条件に耐えることができます。また、接着剤は、建築業界において、カーペットの敷設、タイルの設置、外断熱システムなど様々な用途に使用されています。これらの用途が、ビル外壁用接着剤・シーリング剤市場の成長に拍車をかけています。

抑制要因:北米および欧州での環境規制

北米や欧州では、化学製品や石油製品の生産に関する環境法が厳しく規制されています。エポキシ樹脂委員会(ERC)や欧州委員会(EC)などの機関が、これらの地域での溶剤系製品の製造を規制しています。この規制は、建築用接着剤市場の成長を抑制しています。

市場機会:低VOC、グリーン、サステイナブルな接着剤の需要拡大

環境に優しい製品やグリーン製品を使用する傾向が強まっていることから、グリーン接着剤や低VOCの接着剤の需要が高まっています。米国環境保護庁(USEPA)、欧州のREACH(化学物質の登録・評価・認可・制限)、LEED(Leadership in Energy and Environmental Design)、およびその他の地域の規制当局が実施する厳しい規制により、メーカーはVOCレベルの低い環境に優しい接着剤の製造を余儀なくされています。より持続可能な製品ポートフォリオへの移行は、業界に大きな成長機会をもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]