廃棄物管理の市場規模、2026年に5,427億米ドル到達予測

廃棄物管理の市場規模は、2021年の4,234億米ドルからCAGR5.1%で成長し、2026年には5,427億米ドルに達すると予測されています。同市場を牽引する主な要因としては、廃棄物管理の改善と環境保護を目的とした各国政府の厳しい規制、廃棄物の分別や廃棄物管理の重要性を伝える啓発プログラムの強化、技術の進歩と電子製品のライフサイクルの短縮化による電子廃棄物の増加などが挙げられます。

COVID-19 の廃棄物管理市場への影響

廃棄物管理市場は、COVID-19の発生により、2020年には落ち込むことが予想されます。COVID-19パンデミックが進行し、多くの国でロックダウンが実施されている間、公共機関や自治体の廃棄物事業者は、廃棄物管理システムや手順を、状況に合わせて迅速に対応しなければなりませんでした。収集されていない廃棄物や投棄された廃棄物など不適切な廃棄物管理は、水や農作物の汚染を引き起こし、病気が広がるリスクを高めます。廃棄物管理の不備により、発展途上国では年間40万人から100万人の死亡者が出ると推定されています。さらに、サプライチェーンの混乱や製造・商業活動の縮小などにより、プラスチックなどの製品のリサイクルが大幅に減速しています。景気後退と商品価格の低迷が相まって、リサイクル原料ではなく安価なバージン原料への依存度が高まるリスクがあります。

牽引要因:技術の進歩と電子製品のライフサイクルの短縮化が電子廃棄物の増加に

電子製品の典型的なライフサイクルには、製品開発、導入、成長、成熟、そして廃棄またはリサイクルが含まれます。電子製品がリサイクルの段階に至るのは、そのライフサイクルの終了、技術の進歩、消費者の要求の変化のいずれかによるものです。技術の急速な進歩により、ノートパソコン、携帯電話、テレビなどの新しい電子製品や既存の製品のアップグレード版が生まれます。同様に、個人の購買力が高まると、電子製品の利用期間が短くなります。携帯電話やその他の電子製品は毎年のように新しいバージョンが発売され、古いバージョンは捨てられるか、再利用を目的としてインターネット上で販売されています。このように、電子製品のライフサイクルの縮小に伴い、ますます多くの電子廃棄物が発生しています。電子廃棄物の蓄積により、電子製品をリサイクルし、電子廃棄物を管理する必要性が生じます。PCや携帯電話が登場して以来、家電製品や部品の寿命は急速に短くなっています。当初は40年以上の寿命を期待されていた電子機器の平均寿命は、4年から5年となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]