シランカップリング剤の市場規模、2026年に16億米ドル到達予測

シランカップリング剤の市場規模は、2021年の12億米ドルからCAGR5.5%で成長し、2026年には16億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、インド、中国、中東、タイ、インドネシア、ブラジル、アルゼンチンなどの新興国における自動車・輸送、建築・建設産業、エネルギー・化学分野、電気・電子産業でのシランカップリング剤の用途拡大によるものです。

COVID-19 のシランカップリング剤市場への影響

シランカップリング剤市場には、Dow(米国)、Wacker Chemie AG(ドイツ)、Evonik Industries AG(ドイツ)、Momentive(米国)、信越化学工業(日本)などの主要なTier IおよびTier IIサプライヤーが含まれます。これらのサプライヤーは、APAC(アジア太平洋)地域、欧州、北米、その他の地域に製造施設を持っています。2020年から2021年にかけて、自動車、エネルギー・化学、建築・建設などの分野がCOVID-19パンデミックにより大打撃を受けたことで、シランカップリング剤市場の成長率が低下すると予想されます。パンデミックは、建設プロジェクトの材料、労働力、など全ての要素に影響を与えています。APACと欧州は、最終用途産業向けのシランカップリング剤の主要生産国です。多くの製造拠点で操業が停止したため、シランカップリング剤市場のサプライチェーンに混乱が生じています。

牽引要因:塗料・コーティング剤におけるシランカップリング剤の需要増加

シランカップリング剤は、接着性を高めるために塗料やコーティング剤に使用されます。その上で、紫外線や熱に対する安定性、表面強度、耐薬品性、腐食防止能力を強化し、接着性を高め、耐腐食性や耐スクラッチ性を高めるためにも使用されます。シロキサン-アルキド、シロキサン-エポキシ、シロキサン-アクリルの各化学製品は、低粘度、低VOC、ハイソリッド、金属接着性、セメントや石英のような表面、低燃焼性、高耐熱性、UV耐性を実現するために、自動車、建築、船舶用の防汚塗料に使用されています。また、シランは薄膜コーティングの工業用ゾルゲルプロセスの原料としても使用されています。塗料・コーティング剤は、自動車、建築、航空宇宙などの主要な最終使用産業で幅広い用途があり、建築・建設業界では、構造物の美観を向上させるために使用されています。世界中で住宅・非住宅の建設が増加していることから、建築・建設業界の成長が塗料・コーティング剤の需要を押し上げています。さらに、インド、中国、タイ、マレーシアなど、APAC地域の国々では、急速な都市化や工業化に伴い、建設やインフラ整備の活動が活発化しており、シランカップリング剤の需要が増加すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]