炭素繊維の市場規模、2031年に89億米ドル到達予測

炭素繊維は、直径5~10マイクロメートルほどの繊維で、そのほとんどが炭素原子で構成されています。炭素繊維には、高剛性、高張力、軽量、耐薬品性、耐熱性、低熱膨張性などの特徴があり、この特性により、航空宇宙、土木、軍事、モータースポーツなどの競技用スポーツで高い需要があります。しかし、ガラス繊維やプラスチック繊維などの類似繊維と比較すると、比較的高価な素材です。炭素繊維の市場規模は、2020年の37億米ドルからCAGR8.6%で成長し、2031年には89億米ドルに達すると予測されています。2021年から2031年にかけては、風力発電や航空宇宙・防衛産業からの需要の増加が市場の成長を牽引すると予想されます。しかし、工場の操業停止によるサプライチェーンの寸断や、エンドユース産業からの需要の減少は、炭素繊維市場にマイナスの影響を与えています。

COVID-19が炭素繊維市場に与える影響

COVID-19の流行により、世界中のほとんどの分野の成長、発展、機能が制限されました。ロックダウン、旅行や移動の制限により、様々な産業のサプライチェーンが悪影響を受けています。生産能力の低下や主要分野の需要減により、多くのメーカーが影響を受け、炭素繊維の需要減につながっています。航空宇宙・防衛、自動車、パイプ・タンク、土木などの主要な最終用途産業は、パンデミックによって大きな打撃を受けました。

環境に配慮した規制が、自動車用途での炭素繊維および関連複合材料の採用を促進

先進国や発展途上国における環境に配慮した厳しい規制の実施が、同市場を活性化させることが予想されます。炭素繊維および関連コンポジットは、軽量化と燃費向上を実現するため、高級車やスポーツカーメーカーのブレーキ用途に需要が高まっています。また、これらの繊維が大量に生産されることで、一般の自動車への浸透が進む可能性もあります。先進国では、すでに厳しいエコロジー規制が実施されており、同時にインドのような発展途上国でもその流れは進んでいます。2018年の国家自動車政策案では、CAFE規制によるCO2排出量削減のロードマップが作成されました。この政策は、2020年からすべての乗用車メーカーの1kmあたりの企業平均CO2gm目標を定義することを求めており、インドのCO2削減目標は、2025年までに先進国によって設定された目標と一致すると予想されていました。このような取り組みにより、インドの自動車市場における炭素繊維および関連素材の採用と普及が促進されています。

高級車分野での需要の減少

PAN系炭素繊維やピッチ系炭素繊維の最終用途市場の一つに高級車があります。欧州自動車工業会(ACEA)によると、COVID-19の影響により、欧州および世界の自動車市場は、2020年に2019年と比較して約25%縮小すると報告されています。メルセデス、BMW、アウディなどの高級車メーカーの2020年の売上・収益は、ほとんどの地域で2019年に比べて減少しています。この売上高の減少は、PANおよびピッチ炭素繊維の需要の減少にもつながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]