ハードウェアセキュリティモジュールの市場規模、2026年に18億米ドル到達予測

ハードウェアセキュリティモジュールの市場規模は、2021年の11億米ドルからCAGR11.6 %で成長し、2026年には18億米ドルに達すると予測されています。このようなハードウェアセキュリティモジュール製品の需要増加の主な理由は、医療・ライフサイエンスとIT・通信業界です。

COVID-19がハードウェアセキュリティモジュール市場に与える影響

COVID-19パンデミックにより、職場の閉鎖、旅行の制限、従業員の在宅勤務という概念が生まれ、企業の運営にも課題が生じています。現実的なアプローチでは、会計年度2020年から2021年の最初の3四半期のハードウェアセキュリティモジュール市場の成長は低迷し、その後、最後の四半期には回復すると想定されています。また、2020年から2021年度の市場は、パンデミックの影響により一桁台で成長し、その後、2021年から2026年にはCAGRは11.6%で成長すると予想されます。

牽引要因:暗号鍵の効率的な管理に対する要求

ハードウェアレベルでの暗号技術は、文書の署名、認証、アプリケーションレベルの暗号化など、多くのプロセスにセキュリティを提供するものです。これらのプロセスが適切に管理されていないと、リスクを抱えることになります。鍵のライフサイクル全体を管理するには、ハードウェアセキュリティモジュールを使用することができます。これらのモジュールは、専用の暗号化ハードウェアモジュールであり、暗号機能のための隔離されたゾーンを作ります。鍵管理は、鍵の数と多様性を管理するために、組織のITインフラに採用されます。

ハードウェアセキュリティモジュールは、耐タンパ性のあるハードウェアで鍵や操作を保護することで、データの暗号化やデジタル署名のセキュリティを向上させることができます。このように、暗号鍵の効率的な管理を可能にするハードウェアセキュリティモジュールの機能が、市場を牽引すると考えられます。

抑制要因:ハードウェアセキュリティモジュールにかかるコスト

旧世代の技術を用いて設計されたハードウェアセキュリティモジュールは、導入の際に大きな障壁を生じます。第一に、これらのモジュールは商用ハードウェアを使用して開発されているため、初期の取得コストが高くなります。第二に、運用が非常に複雑でコストがかかります。多くの場合、これらのモジュールを処理・制御するためのスタッフのコストは、モジュールのコストを大きく上回ります。多くの企業にとって、このようなコストと複雑さは現実的ではなく、データ保護のための暗号鍵管理に決定的なギャップをもたらします。

しかし、新しいテクノロジーを利用することで、企業はコスト・ベネフィット分析を見直し、初期投資を抑えてより強力なセキュリティ管理を導入することができます。企業は、次世代のハードウェアセキュリティモジュールと鍵管理機能をサブスクリプションベースで提供することで、強力なデータ保護と総所有コストの削減を実現しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]