ケアマネジメントソリューションの市場規模、2026年に216億米ドル到達予測

ケアマネジメントソリューションの市場規模は、2021年の126億米ドルからCAGR11.4%で成長し、2026年には216億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長を牽引しているのは、リスク負担を医療費支払者から医療提供者に移行するためのイニシアチブの実施、患者中心のケアを推進する政府のイニシアチブや規制、医療ITを推進するイニシアチブ、高齢者人口の増加、医療費削減の必要性などです。

COVID-19によるケアマネジメントソリューション市場への影響

COVID-19パンデミックにより、あらゆる規模の医療現場が大きなプレッシャーにさらされており、医療施設は、大量の患者に圧倒され、正確な診断・治療機器の需要が高まっています。ケアマネジメントソリューションは、医療機関がEHRなどのソリューションと請求・支払管理ソリューションなどの医療費支払者のソリューションをシームレスに統合できるため、非常に有用であることがわかっています。また、パンデミック発生当初、ロックダウンや移動の制限により、電子データ転送や請求管理に対するケアマネジメントソリューションの需要が大幅に増加しました。

牽引要因:医療費支払者から医療提供者へのリスク負担の移転に向けた取り組み

世界各国で、医療費支払者が負担するリスクを医療提供者に移行するための様々な取り組みが行われています。このシフトは、医療提供の効率を高め、不必要なコストを削減するため、ケアマネジメントソリューションなどの医療情報技術(HCIT)ソリューションの導入を促進します。また、バンドル・ペイメント、医師へのインセンティブ、消費者へのインセンティブなどの代替決済モデルによっても、価値ある医療が推進されています。この支払いモデルは、医療提供者にケアの説明責任を負わせることで、支払者から提供者へリスクが移転するように設計されています。

抑制要因:熟練者の不足

ケアマネジメントソリューションを効果的に活用するには、ソリューションプロバイダー側だけでなく、組織内の強力なITインフラとITサポートが必要です。医療機関では、臨床ワークフローの円滑な運用とケアマネジメントソリューションの最適な連携速度を実現するために、サーバーやネットワークを維持するための技術サポートが継続的に必要となります。サーバーやネットワークのメンテナンスが不十分だと、画面負荷の発生につながり、臨床ワークフローが滞ります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]