ハイブリッド種子の市場規模、2026年に349億米ドル到達予測

ハイブリッド種子の市場規模は、2021年の252億米ドルからCAGR6.7%で成長し、2026年には349億米ドルに達すると予測されています。食品、飲料、動物飼料、バイオ燃料業界からのハイブリッド種子の需要拡大が、市場の成長を牽引しています。ハイブリッド種子の需要は、中国やインドなどで着実に伸びています。これらの国は最大規模の人口を擁しており、食用穀物の需要が市場の成長を後押ししています。先進国市場では、農家は作物の収穫量を維持し、さらに収益を上げようとしています。先進国と発展途上国の持続的な農法への取り組みが、ハイブリッド種子市場の成長を後押ししています。

COVID-19によるハイブリッド種子市場への影響

COVID-19の発生とパンデミック対策は、世界中の農業分野に壊滅的な影響を与えています。種子は農業生産の出発点です。したがって、COVID-19パンデミックのような危機的状況下では、種子の配送は、今後の生産サイクルを支えるためにも継続して行わなければならないサービスの一つです。しかし、便数の減少、運転手数の減少、スタッフ数の減少により、輸送に関するトラブルが、種子業界特有の問題を引き起こしています。

COVID-19パンデミックにより、農家への種子の供給が遅れています。種子生産は、労働力、輸送、包装などの関連部門に依存しており、これらの部門がロックダウンにより影響を受けているため、大きな痛手となっています。COVID-19の影響により、一部の地域では、農家の生産物の都市への移動ができない状況にあります。この混乱で、植え付けに必要な品質と量の種子が入手できないため、農業生産量や作付面積の減少につながる可能性があります。

牽引要因:世界的な果物と野菜の需要の増加

世界的な食生活の変化に伴い、生鮮・冷凍野菜の需要が高まっています。消費者は、健康増進のために摂取すべき食物を意識するようになっており、野菜や果物の生産量も増加しています。多くの農家が工業用作物の栽培に移行し始めており、市場の収益拡大につながっています。ソルガム、トウモロコシ、大麦、オート麦、綿花、米、果樹作物などの作付面積は増加しており、一方で、小麦の作付面積は減少すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]