仮想イベントプラットフォームの市場規模、2026年に189億米ドル到達予想

仮想イベントプラットフォームの市場規模は、2021年の104億米ドルからCAGR12.7%で成長し、2026年には189億米ドルに達すると予想されています。市場成長を促進する主な要因としては、視聴者層の拡大を目的としたデジタルメディアマーケティングプラットフォームの導入が進んでいること、対面でのプレゼンテーションに代わるオンラインストリーミングの人気が高まっていること、企業がリモートワーク方式に移行していること、中小企業でクラウドサービスが普及し、顧客情報収集の精度が向上していることなどが挙げられます。

バーチャルイベントプラットフォームは時代とともに進化してきました。最も原始的なバーチャルイベントプラットフォームの形態は、1990年代に企業の投資家へのプレゼンテーションという形でバーチャルトレードショーが利用されていました。1960年代のビデオ会議ツールの発明から始まったミーティングツールやコラボレーションツールの台頭は、GoogleやSkypeなどの企業がコラボレーションやコミュニケーションのためのプロフェッショナルなビジネス向けプラットフォームを発表した2000年代初頭まで継続的に進化してきました。クラウドなどの技術の発展により、従来のイベントを、バーチャルイベントプラットフォームを通じたオンラインで開催するという概念が生まれました。バーチャルイベントプラットフォームの大きな発展と差別化は、一度に数千人の参加者を集め、実際の会場やインフラをシミュレートし、参加者のエンゲージメントソリューションを進化させ続けることにあります。APAC(アジア太平洋)やMEA(中東・アフリカ)の発展途上国では、ベンダーに多くの機会を提供することが期待されています。

COVID-19による仮想イベントプラットフォーム市場への影響

COVID-19パンデミックは、バーチャルイベントプラットフォーム市場にプラスの影響を与えています。このパンデミックにより、バーチャルイベントプラットフォームを利用した、従来のイベントからの変換が可能になりました。リモートワーク環境の普及により、ビジネスがクラウドに移行したことも、この市場の成長を後押ししました。前例のない新型ウイルスの発生により、多くの企業は、物理的なイベント、会議、カンファレンスを回避し、事業継続性を確保するためのデジタルプラットフォームを早急に見つける必要に迫られました。仮想イベントプラットフォームは、オンラインでの会議やカンファレンスをサポートし、オフィスでもリモートでも、場所を問わずビジネスに不可欠な情報へのアクセスを提供します。エンドユーザー業界において、企業は顧客体験を向上させるために必要な予算を投じています。バーチャルイベントプラットフォームも同じ方向性を持っており、企業は参加者に最高のエンゲージメントを提供するための高度なプラットフォームを求めています。

推進要因:観客層拡大に向けたデジタルメディアマーケティングプラットフォームの導入

スマートフォンの普及とインターネットの普及により、企業はオンラインマーケティングのためにバーチャルイベントソフトウェアソリューションを導入するようになりました。さらに、COVID-19の発生により、物理的なイベントを回避し、顧客基盤を強化するためにバーチャルマーケティングイベントが急増しました。さらに、消費者のライフスタイルの変化に伴い、企業はどこからでもアクセスできるテーマ別のイベントを開催するための革新的なソリューションを模索するようになりました。COVID-19の発生によってもたらされた課題を克服するために、2020年にデジタルトランスフォーメーションを前例のないスピードで実施することで、組織はIT支出の変更を模索するようになりました。デジタルメディアプラットフォームは、バーチャルイベントの間中、観客を惹きつけ、つなぎとめておきます。ソーシャルメディアプラットフォームの普及により、マーケティング担当者は、新製品の発表、広告キャンペーン、ブランドプロモーション、Eメールマーケティング、製品デモンストレーションなどのオンラインマーケティング戦略に注力するようになりました。このように、デジタルマーケティング活動は、バーチャルイベントプラットフォーム市場の成長を促進すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]