MSポリマーの市場規模、2026年に19億米ドル到達予測

MSポリマーの市場規模は、2021年の14億米ドルからCAGR6.1%で成長し、2026年には19億米ドルに達すると予測されています。市場成長の主な要因としては、北米や欧州諸国における環境規制により、溶剤やイソシアネートを含まない接着剤の使用が求められていることが挙げられます。APAC(アジア太平洋)地域のエンドユース産業別では、建築・建設分野がブームになると予想されており、MSポリマーの需要増加につながると考えられます。

COVID-19 のMSポリマー市場への影響

IMF(国際通貨基金)の情報によると、2020年は、2008年の世界経済危機以上の景気後退が起こる可能性があるとされています。IMFは、2020年から2021年にかけて、世界経済の総生産高が9兆米ドル減少すると警告しています。経済的ダメージの大きさは、ウイルスが欧州や米国、その他の主要経済国でどのように広がるかに依存しています。

牽引要因:接着剤やシーラントの製造におけるハイブリッド樹脂の需要拡大

接着剤やシーリング材の採用は、構造設計において増加傾向にあります。最新の製品デザインや製造プロセスへの要求が急速に高まっているため、新しい接着剤・シーラントが継続的に開発されています。近年の接着剤・シーラント技術の進歩により、メーカーは製造工程を短縮し、耐久性を高めることを可能にしました。MSポリマーをベースにした接着剤は、それぞれの樹脂の特性を組み合わせることで、個々の樹脂の限界を克服し、高性能な接着剤・シーラントを作り出す能力を持っています。次世代の接着剤・シーラントとして、顧客のニーズに合わせてカスタマイズされたソリューションが導入されています。各メーカーは、接着剤接合技術の研究開発に多額の投資を行っています。これらの組み合わせで開発されたハイブリッド接着剤は、その製造に使用された樹脂の特性を持ちます。高性能ハイブリッド接着剤・シーラントの製造のためのハイブリッド樹脂の開発は、市場を牽引する上で重要な役割を果たしています。

抑制要因:エンドユーザーのMSポリマーへの認知不足

MSポリマーの、エンドユーザーへの受け入れ率はまだ低いと言えます。この受け入れ率の低さは、ハイブリッド接着剤の利用可能性についての認識不足や、従来の接着剤の使用を好む傾向が原因と考えられます。エンドユーザーは、従来の接着剤で得られる結果に満足しています。ハイブリッド接着剤の使用で得られる、柔軟性・伸長性の向上、耐衝撃性・熱サイクル性、剥離強度、長期耐久性などの付加的なメリットは、まだ認知されていません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]