バイオインフォマティクスサービスの市場規模、2026年には53億米ドル到達予測

バイオインフォマティクスサービスの市場規模は、2021年の25億米ドルからCAGR15.8%で成長し、2026年には53億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長を促進する主な要因としては、産業界における応用分野の拡大、同サービスに対する官民の資金提供の増加、熟練した専門家の不足がプロジェクトのアウトソーシングの増加につながっていること、などが挙げられます。一方、バイオインフォマティクスソリューションの自社開発や、一バイオインフォマティクスツールが一般に公開されていることが、市場成長の抑制につながると考えられます。

COVID-19 のバイオインフォマティクスサービス市場への影響

バイオインフォマティクスサービスは、科学研究のさまざまな分野に不可欠なサポートを提供するという点で、常に大きな可能性を秘めています。COVID-19パンデミックは、バイオインフォマティクスの真価が問われるものとなりました。COVID-19パンデミックの際、各国が重点的に取り組んだのは、ウイルスの進行を食い止める方法を研究し、理解することでした。新型コロナウイルスのゲノムを解読することは、ワクチンの開発や、ウイルスのメカニズム、人体内での機能をより深く理解するための重要なステップでした。このため、ウイルスの遺伝子の組み合わせの研究が行われ、この研究はバイオインフォマティクスによって推進されました。こういった背景から、パンデミックの際にはバイオインフォマティクスサービスのアウトソーシングが増加しました。バイオインフォマティクスサービスを提供する企業の能力が向上したことで、科学者たちは、SARS-CoV-2の同定から起源まで、多くの謎を短期間で解明することができました。

牽引要因:多様な産業におけるバイオインフォマティクスの利用拡大

食品、バイオレメディエーション、農業、フォレンジック、消費者産業などでも、製品やサプライチェーンプロセスの品質向上のためにバイオインフォマティクスサービスが利用されています。データの統合、操作、リード探索、データ管理、インシリコ解析、高度な知識の発見などのサービスは、それぞれの業界の企業で採用されるケースが増えています。このようなバイオインフォマティクスサービスの応用分野の拡大は、市場で活動するプレイヤーに新たな収益ポケットをもたらし、ひいてはこれらのサービスの採用を促進し、市場全体の成長につながると期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]