ウォータージェット切断機の市場規模、2026年に15億米ドル到達予測

ウォータージェット切断機の市場規模は、2021年の11億米ドルからCAGR6.2%で成長し、2026年には15億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長を促進する主な要因としては、高い操作性、産業界での採用率の上昇、自動車産業の成長などが挙げられます。さらに、APAC(アジア太平洋)におけるウォータージェット切断機の需要の増加が、市場機会を生み出すと予想されます。

COVID-19のウォータージェット切断機市場への影響

2020年、COVID-19はウォータージェット切断機市場にマイナスの影響を与え、その結果、そこから得られる収益が減少し、2020年前半には市場の成長トレンドに落ち込みが見られました。後半には、同製品への関心の高まりから需要の増加が見込まれるため、市場の回復が期待されます。

COVID-19のパンデミックは、ウォータージェット切断機市場のバリューチェーンに大きな影響を与えています。電子機器、自動車、航空宇宙分野では、世界的な景気後退と購買力の低下により、短期的には同市場への需要の低迷が続くと予想されます。

牽引要因:高い操作性

ウォータージェット切断機は、柔軟性があり、素材を選ばず高いエッジ品質で切断可能な特徴から、様々な産業分野で使用されています。また、研磨剤を利用することで、アルミ複合板やゴムライニングで接着された積層材料を含む、あらゆる厚さと形状で切断することができます。また、ウォータージェットはコールドカットであるため、熱による歪みやエッジの硬化がなく、複雑な金属加工や切断後の追加加工にも適しています。さらに、ウォータージェット切断機は、高い品質と、正確な切断結果を保証することで、追加の仕上げ工程を回避することができます。これにより、工程が短縮され、時間を節約し、全体の効率を高めることができます。

ウォータージェット切断機は、ゴム、ガスケット、発泡体、金属、プラスチック、複合材などの素材を切断することができます。一方で、エネルギー消費量の高さ、環境条件に敏感であること、メンテナンスにおける問題、所有コストの高さ、製作上の課題などが、機器を扱う際に直面する大きな問題となります。ウォータージェット切断機で消費されるエネルギーは、企業の運営コストに直結するため、企業にとって大きな課題となります。さらに、水、研磨剤、労働力、電力、部品、など雑多な要素が、1時間あたりのランニングコストに影響を与える要因となります。加えて、その高度な制御ソフトウェアは、切断機の運用上の追加コストを発生させます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]