地理空間分析の市場規模、2026年に1,078億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「地理空間アナリティクスの世界市場 (~2026年):コンポーネント・ソリューション (ジオコーディング・リバースジオコーディング・主題図&空間分析)・サービス・タイプ・技術・展開モード・組織規模・用途・産業・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を9月24日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1017341-geospatial-analytics-market-by-component-solution.html

地理空間分析の市場規模は、2021年の595億米ドルからCAGR12.6%で成長し、2026年には1,078億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長を促進する主な要因としては、AIやMLベースのGISソリューションの増加、スマートシティの開発と都市化、ビッグデータ分析の進歩、場所を問わないIoTセンサーの展開の増加などが挙げられます。

COVID-19の地理空間分析市場に与える影響

COVID-19パンデミックの発生は、地理空間分析市場に多大な成長機会をもたらしました。スマートウェアラブル、ロボット、ドローンの利用が拡大していることが、パンデミック時の地理空間分析ソリューションの成長を後押ししています。地図とGISは、組織が危機に対応し、継続性を維持しつつ再開のプロセスをサポートするための重要な洞察を提供します。GIS、アナリティクス、ビッグデータは、状況を理解し、情報に基づいた意思決定を行うための技術です。GISによる比較研究は、COVID-19の発生源とパターンの理解と分析に役立っています。また、GISは利用可能な施設のモニタリングや介入計画にも利用できます。COVID-19 の種々の症例をマッピングすることで、感染源を特定することができます。人口統計データをマッピングすることで、リスクグループや影響を受けやすい地域を監視することができます。地理空間技術は、組織のリスクエリアを予測・分析し、事業継続性を強化するための運用能力を測定します。

牽引要因:AIおよびMLベースのGISソリューションの増加

ここ数年、AIやMLの能力が大幅に向上しています。これらの能力を地理空間データと組み合わせることで、組織に強化されたインサイトを提供することが出来ます。ESRIやSAPなどの地理空間分析ソリューションプロバイダーは、組織に強化されたインサイトを提供するために、AIやML技術ベースのソリューションを展開しています。近年では、ドローンの装備や衛星画像の生成率が高くなっています。AIとMLを空間ソリューションと統合することで、時間とリソースを大幅に節約し、画像分析、物体検出、セマンティックセグメンテーション、インスタンスセグメンテーションなどのタスクを実行することができます。AIとML技術の進歩により、地理空間分析ソリューションプロバイダーは、様々な産業分野の顧客に高度な空間ソリューションを提供し、より効率的に展開することができるようになります。

抑制要因:ジオプライバシーと機密データに関する懸念

無許可での位置情報データへのアクセスに政府規制があるため、位置情報データの収集は、プライバシー問題に対して敏感です。このプライバシー問題から、利用者は地理空間分析アプリケーションの位置情報データの収集を拒否することができます。政府規制は、データ収集プロセス、位置情報の共有、位置情報の使用、情報の保存などに関して制限を課しています。欧州連合(EU)のGDPRは、市民の個人識別情報(PII)を保護することに焦点を当てた、EUによる初めての試みです。データを収集する企業は、各地域の規制を遵守し、個々のユーザーから必要な同意を得る必要があります。これにより、ユーザーの位置情報を組織で利用が制限され、地理空間データ分析ソリューションの有効性が制限されます。ジオプライバシーや機密データに関する懸念から、今後、地理空間分析市場の成長が制限されることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]