栄養分析の市場規模、2026年に79億米ドル到達予測

栄養分析の市場規模は、2021年の54億米ドルからCAGR8.3%で成長し、2026年には79億米ドルに達すると予測されています。同市場は、消費者の嗜好の変化、健康意識の高まり、ミレニアル世代の人口増加、消費者の補助収入の増加などにより牽引されています。業界のトレンドが融合することで、主要プレーヤーに新たな機会がもたらされています。ライフスタイルの変化と慢性疾患の増加が、栄養分析の需要を押し上げる主な要因です。また、スポーツ栄養に対する評価が高まっていることも、栄養分析市場にプラスの影響を与えています。

牽引要因:世界的栄養失調と貧しい食生活への問題意識

FROM PROMISE TO IMPACT: ENDING MALNUTRITION BY 2030によると、WHOが設定した世界の栄養に関する重要なマイルストーンを達成するためには、各国政府とドナーは、今後10年間で栄養に関するコミットメントを3倍にする必要があります。各国政府は、栄養不良に対処するために、支出を増やし、栄養改善を進める必要があります。同時に、市民社会組織、ドナー、企業は、農業、教育、食料システム、保健システム、社会的保護、水の衛生など、さまざまな分野の予算が、あらゆる形態の栄養不良を解消するため資源の配分を進めるよう、一層努力する必要があります。各国政府が栄養に関する政策や規制を策定し、取り組みを行っていることから、今後5年間で栄養分析検査に対する大きな需要が生まれると期待されています。

抑制要因:発展途上国における食品管理のインフラとリソースの不足

発展途上の地域では、食品栄養検査のための組織、洗練された技術が不足しています。発展途上国の食品分析研究所のインフラは、限られた資源、制限された技術、不十分な管理のため、十分ではありません。制度化した調整の欠如、時代遅れの技術、専門知識の欠如、設備、最新の基準の問題などが、栄養分析市場を制限しています。食品管理研究所の設備は貧弱で、特にエチオピア、キューバ、バングラデシュなどでは、適切な訓練を受けた分析スタッフが不足しています。

市場機会:食品・飲料分野の工業化と都市化による需要

新興国の栄養分析市場は、急速な工業化に伴う食品貿易の活発化、食品および飲料の国内消費の活発化、消費者の福利厚生を守るための規制の強化などから、拡大しています。これらの点から、食品や水の安全性や環境に関する法律の施行はますます厳しくなっています。また、アジア太平洋地域やアフリカで工業化が進んだことにより、食品汚染に対する人々の意識が高まっています。その結果、食品安全に関する法律が施行され、栄養分析市場にとって重要な機会となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]